2018年3月20日、アメリカの銀行大手である JPモルガン・チェースの幹部は、仮想通貨の革新者は、銀行使って資金を移動しなければならないと述べた。その理由としては、仮想通貨のシステムが普及すればするほど個人による資金決済が可能となる。しかし、資金そのもののリソースが足りなくなる可能性が高く、そうなった場合は銀行を頼る必要があるだろう。

 

そのため、決済分野におけるありとあらゆるブロックチェーンや技術は統合される可能性があると述べた。JPモルガン・チェースは、実際のところRipple 社とも提携を行っており、仮想通貨JPMコインについては「意味がわからない」とまでの批判を受けている。

 

また、JP モルガン・チェースはこれまで仮想通貨のシステムに対して非常に批判的な姿勢を貫いてきた。そのため、今回のJPMコインの発表に伴ってどのような立ち位置に立とうとしてるのかが非常に話題となった。決済インフラを構築する上で会社の大きさは非常に重要だ。会社が大きければ大きいほど信頼性が高いと見ることが可能であり、実際にどのような優れた能力を持つプラットフォームや仮想通貨であっても会社規模や信頼性の高いものでなければ人々は採用しようとしない。

 

ちなみに、JPMコインそのものはステーブルコインであり、USDにその価値ペッグされることが決定している。XR Pと比較した場合、JPMコインは勝つとして安定性を持つ仮想通貨であり、JP モルガンによってその価値を担保していることになる。もちろん、どのような決済ソリューションを使用するのかは銀行や金融機関が決めるものであり、Ripple やStellar の脅威となるとも限らない。

 

しかし、企業が求めるメリットはどのような決済ソリューションを使用していても、安く早く取引が終了し、自社の業務を円滑に回すことを望んでいる。仮想通貨そのものをトレードすることと決済ソリューションに求められるものは異なる。ニーズが違うシステムをどのようにして統合するのかは謎であるものの、仮想通貨等それ以外が作ったプラットフォームという分け方ではなく、手段として何を選ぶかが最終的には異なってくると言えるだろう。