市が利益を上げたのは,すべて包囲猟のモードによった

幣市の話をする時は多くの面から入ることができて、例えば政策面、資金面、技術面などで、その中で本当に幣市を揺働させることができるのはやはり資金の出入りに見ることで、利益のために入ってもその他のために入ってくることができます。

資金面が重要だからこそ、一般投資家にとってはなおさらのことだ。

まず、大資金が入ってこなければ相場は不安定だが、大資金が抜けた時には下落する傾向がある。また、一般投資家が1つの貨幣を買いたがっている場合は、資金量が少ないため、価格を働かしにくい。そこで大きな金が自分の輿をかつぐのを待ちました。

大きな資金の角度から見ると、市場に利益がある場合に入ることができ(ありえ)て、例えば市場が十分に過小評価してあるいはある業界の将来性に対して明るいなど。

大きな資金が立ち去り、一般投資家が苦しんでいるときによく使われるのがニラ割りです。

猟は自分でいくら稼いだかではなく、獲物を神妙に大事な値段で、僕の持っている金銭を回収してくれるかどうかである。

実際には散戸が幣圏の動きを決定したのである。散戸が獲物であれば、そのハンターは獲物を追いながら前に進んだ者が最も多くの金を稼いだ。散戸は取引が多かったが、彼は受動的な取引であって能動的な取引ではなかった。

これは受動取引と呼ばれ、強欲に来た時には上昇し、恐怖に来た時には下がって、最低位に投げて、実際には包囲猟されて、このようにして狩りに落とされた。

初心を忘れずにこの市場で狩りをされないようにすることができる!


ビットコインはMA30日のラインの位置に明らかに支持して、3日連続して消化する前のこの大陰線、この位置に立つとビットコインはまだ1つの小さいリバウンドの需要があって、しかもすぐに双十一も来るので8800のビットコインは買うことができます。

日線級取引高は放出量がありませんが、技術面は前の日一本の大陰線から多くの首を切った後でK線は支持位を割りませんでした。相場は毎日変化していて、お金も流出していますが、しかし支持位は破れていません。

持っていればビットコインを持って忍耐強く持てばよく、忍耐強くチャンスを待てばよい。

btc:日線級の下にMA30日ラインを支持して、つまり8657、3日目に試験してすべてこの支持位はすべて有効に立つことができるので、この位置は1つの超低反発をすることができて、圧力位9000、支持位8657。

eth:最近のパフォーマンスは悪くない、空頭の力は明らかに不足して、その上下には強い支持があってMA60 MA30日平均線、布林帯の中レール支持、だから空頭の力が不足する場合、多頭は机のために働くかもしれなくて、200ドルに触れる確率は大きい。

bch:貨幣の種類の問題はあまりなくて、当面の内部の矛盾は依然として解決しなければならなくて、おととい多くの首を切って殺した後も連続して何日かブリンベルトの中のレールの支持位271を試して、しかし3回すべて行って効果的に割ることができなくて、同時にブリンベルトは口を開けて上になって、現物は引き続き辛抱して持っていて、放出量は引っ張り上げることを待つことができます。

eos:まだ働きが弱いので、量が足りなくて、引き続き調整を待つことができますが、調整した後に必ず入って、後市は主な升浪が出てくることができます。

xrp:しばらくは参加しないでしょう。

bsv:127ドルサポートの3日間のテストは、安定しているはずであり、ブリンベルトは開口し、スポットは引き続き待機量を持ち、次に151ドルを見る。


zrx:この五浪会は主に残る波を作ることができるのかどうか、私はやはり小さい資金を持って入場して参加することができることを提案して、結局は盈損を持っていればよくて、技術面の布林の帯はすでに縮んで口を選ぶ方向を選択して、同時にMACDは間もなく水上のゴールデンフォークを形成する。

one:下方にはMA30とブリンベルトのレール支持があり,現在も継続して保持観察が可能である。