6月27日 木曜日


1.米コインベースに仮想通貨チェーンリンク(LINK)が新規上場 一時17%高に

  仮想通貨取引所コインベースが、チェーンリンク(LINK)の新規上場を発表した。上場発表が市場に影響するもビットコイン(BTC)が150万円の高値をつけて急落する際に連れ安する場面もみられた。参照元

  ✩✩✩✩✩


 2.Bakktより早く現物決済ビットコイン先物が米国で誕生する可能性|米CFTCがLedgerXを指定契約市場として認定

  米CFTCが仮想通貨デリバティブを提供するLedgerX社を指定契約市場として認定した。Bakktで高まる現物決済のビットコイン先物提供より先に誕生する可能性が浮上、市場への影響で重要ファンダメンタルズ要因に。参照元

  ✩✩✩✩✩


3.仮想通貨ウォレットを内蔵したブラウザOperaがiOS向けにローンチ

  ソフトウェアメーカーのOperaは、仮想通貨ウォレットを内蔵したブラウザをiOS向けにローンチした。Operaウェブサイトによると、ゲーム内通貨など、Ethereum上のDappで使用されているすべてのERC-20トークンを自動的に検出して一覧表示できるとのこと。参照元

  ✩✩✩✩


4.仮想通貨XRPのマネロンを阻止 リップル社が資金洗浄対策ツールを活用へ

  米リップル社がマネーロンダリング阻止を目的に、英国のテック系企業Coinfirmとコンプライアンス技術の活用における提携を締結。xRapidの普及にも重要な事例に。参照元

  ✩✩✩✩


5.ドイツ政権与党、公共サービスにブロックチェーン 国家仮想通貨の提案も

  ドイツの政権与党は、電子医療記録や文書保護などの公共サービスにブロックチェーン技術を活用する方針を明らかにした。国家によるステーブルコインを開発する提案も行われているという。参照元

        ✩✩✩✩


6.仮想通貨データ大手CMC、データの正確性向上を目指し米金融企業を買収

  業界最大級の仮想通貨情報統計サイトを運営するCoinMarketCap社が米金融会社Hashtag Capital社を買収したことが判明。提供するデータのさらなる正確性向上を目指す。参照元

  ✩✩✩✩


7.アジアを代表する小売・サービス複合企業「イオンアジア」、ブロックチェーンを活用した医薬品追跡への取り組みを発表

  株式会社Chaintopeは、AEON ASIAと、GS1 Malaysiaとともに医薬品トレーサビリティーのパイロットプロジェクトへの取り組みを行うことを発表した。参照元

  ✩✩✩✩


8.欧州刑事警察機構(ユーロポール)、30億円相当のビットコイン盗難事件で容疑者逮捕

  オランダ警察とユーロポールなどの14ヶ月に渡る合同捜査で、フィッシング系偽装取引所などを使用し、約30億円に相当の仮想通貨ビットコインを盗難したとして容疑者6名が逮捕された。参照元

  ✩✩✩


9.ビットコインで報酬を還元するアプリ、大手ホテル予約サイトと提携

  大手ホテル予約サイト「Hotels.com」が、米国発のビットコイン報酬スタートアップ「Lolli」と提携を結んだことが明らかになった。Lolliはビットフライヤーとともに、ネットショッピングなどでBTCが付与されるプログラムも展開している。参照元

  ✩✩✩


10.Twitter社CEOが手がける送金アプリにビットコイン入金機能が追加

  Twitter社のJack Dorsey氏がCEOを務めるSquare社は、同社の送金アプリCash Appに、ビットコインの入金機能の追加を発表した。7日間で約108万円(10,000ドル)分までのビットコインを入金が可能となる。参照元

        ✩✩✩



Talentaの最新情報、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるの登録はこちら。

Facebook:https://www.facebook.com/talentasg/

WeChat:https://mp.weixin.qq.com/mp/profile_ext?action=home&__biz=MzUzNDk0OTAxOQ==&scene=124#wechat_redirect

Twitter:https://twitter.com/TalentaSG_jpn

Telegram:https://t.me/TALENTA

はてなhttps://talentasg.hatenablog.com/