第17回中国のエンタープライズ開発およびブロックチェーンフォーラムは、12月21日に人民大会堂で開催されました。IOSTのCTOテリーは、唯一のブロックチェーンプロジェクトが招待され、ブロックチェーンと実体経済を実際に統合する方法についてスピーチを行いました。

IOST、中国のインターネット巨大企業テンセントのプレゼンテーションに先立ち、ステージで講演

中国ソフトウェア協会のブロックチェーン支部の事務局長であるCui Zhiruと清華大学のインターネット研究機構の副部長であるXing Chunxiaoの演説後、IOSTの共同設立者Terryが最初の特別ゲストとしてスピーチを行い、続いてCai、 Tencent仮想銀行の代表者が登壇しました。

テリーは、中国は最大の電子商取引およびモバイル決済市場であり、世界で最も堅牢なデジタル化投資システムおよびスタートアップ環境の1つを持っているとコメントしました。 それは時間が経つにつれて、グローバルなデジタル化の主要な先導者となりました。 ブロックチェーンテクノロジーは、中小企業の資金調達、銀行のリスク管理、規制の難しさを軽減することにより、経済発展を促進する上で非常に重要です。

ブロックチェーンソリューションを使用した従来のセクターでのIOSTの成果

テリーは、破壊的な技術として、ブロックチェーンのアプリケーションは1つの分野に限定されないことを指摘しました。私たちは、国境を越えた支払いや決済などの金融サービスの先駆者であり、医療報告システム、デジタル著作権、資産登録、サプライチェーン管理、公共信用システムなどでの採用を先導している、より規制された強力なブロックチェーン業界を見ています。

IOSTは、企業および個々のクライアントに最適なサービスを提供することに専念しています。 2018年後半から、IOSTは企業向けのブロックチェーンソリューションの実装を開始しました。 2018年9月、IOSTはMantraとのパートナーシップにより、ブロックチェーンに慈善団体データを保存しました。 2019年4月、IOSTはEHangとともに、ブロックチェーンを使用して安全なフライトデータ管理プラットフォームを支援、 2019年11月、IOSTは日本の富士見町での電力取引プロジェクトを発表しました。

これらは、IOSTが提供する選択されたコラボレーションのほんの一部です。 IOSTは、高度な技術と実世界のブロックチェーンアプリケーションに焦点を当てているため、主要な企業や政府から大きな注目を集めています。


2020年のIOSTの変革、コンプライアンスの採用

このフォーラムへの参加は、IOSTに対する待望の認識とサポートを実証し、IOSTに技術採用の大きな可能性を提供しました。

政府のイノベーションへの要請に応え、技術の進歩を加速するために、テリーはIOSTがコアチームとAiou Technology を設立することを明らかにしました。

Aiou Technologyは、コンソーシアムチェーンテクノロジーに焦点を当て、政府および企業にプロフェッショナルなブロックチェーンソリューションを提供します。Aiou Technology は、より信頼性の高いブロックチェーン製品とプラットフォームを立ち上げ、それによって世界をリードするブロックチェーンエンタープライズを構築することを目指しています。

テリーのスピーチに続いて、中国企業協会はIOSTおよびAiou Technologyとともに中国南西部、中部および北部を訪問し、ビジネスおよび統治部門向けのブロックチェーン採用のさらなる機会を探り、この新しいテクノロジーですべてに大きな利益をもたらすします。