ビットは7月10日、香港に本社を置く暗号化通貨とブロックチェーンサービス会社Digiex Ltd.8 i Etepises Acquisitio Cop.を逆買収する計画です。ナスダックに上場します。
8 i Etepises Acquisitio Cop.はいわゆる「空白の小切手会社」であり、匿名のニュース関係者によると、この取引はDigiiexの予想値を2.76億ドル(債務を含む)に達する可能性があり、これまでに提案された2.336億ドルの予想値に比べて増加しているという。
関係者によると、この取引は早ければ水曜日にニューヨークで発表されるかもしれません。
Digiexは、お支払い会社Fidelity National Ifomatio Sevicesを含む会社にコンサルティングサービスを提供し、ブロックチェーンツールも開発しています。同社のウェブサイトの公開情報によると、次のステップは仮想通貨プラットフォームを発売する予定です。
8 iは特殊目的の買収会社(SPAC)です。これはIPO、APOの後、国内の中小企業に適した海外融資方式です。
SPACの特別合併上場は、アメリカの金融業界が投資家のために設計したファンド製品で、中国企業がSPACを利用してアメリカに上場し、融資する方式は、従来のIPOを通じてアメリカに上場するのとは全く違っています。
Digiexと8 iの両社の代表は現在、この件についての対応を拒否しています。
Digiexのような暗号化された貨幣会社はIPOを求めています。また、後門の上場方式を利用して公共市場に進出したいです。
初めて株式を公募するのはもっと長い時間がかかります。そして、より多くの監督管理の障害があります。後門上場とは、ある会社が自分自身が取引所の上場規定に適合していないため、上場会社を買い、自分をその中に入れて、上場できるようにすることです。
しかし、関係者によると、アメリカ証券取引委員会はまだDigiexの代理登録を承認する必要があるという。
関係者によると、Digiexの株主は2000万株8 iの普通株を獲得し、1株当たりの価格は10ドルである。
また、Digiex社は、管理職を募集しています。アメリカ市場に拡張しようとしています。彼らは今年2月にゴールドマン・サックスグループの元副社長ウェル・マクドノ氏を掘り起こしました。デジタル資産への投資を増やし、市場は徐々に暖かくなり、露出度の増加にも役立つ。
しかし、一部の機関では通貨の暗号化が試験されていますが、監督の見通しは依然不透明です。まだマネーロンダリング、市場操作、ネット窃盗などの問題が懸念されています。
Facebookを例にとって、彼らはLiba暗号化貨幣を導入した後、アメリカ立法者の注目と審査を引き起こしました。
この文章はBloomborgから訳します。