著者の|ハッシュ派-LucyChegが最も早くビットコインの合法的な身分を認めた国はドイツで、暗号化された通貨業界で納税されていることに最も注目したのは米国で、最初にビットコインのATMが出現したのはカナダです。しかし、暗号化された通貨が一番好きな国といえば、ここ数年の間に狂乱した「入金」ビットコインの朝鮮には及ばないです。
米国やブルガリア共和国の受動的な獲得とは違って、北朝鮮は積極的に暗号化された貨幣分野に接触していますが、方法はあまりにも磊落ではないようです。
2019年から2020年まで、国連安全保障理事会に所属する「朝鮮制裁委員会専門家グループ」及び韓国最大の英語情報プラットフォームKeaHealdは相次いで報告を発表しました。複数の国家金融機関及びデジタル通貨取引所のサイバー攻撃と盗難事件は、朝鮮ハッカー組織Lazus、BlueooffとAdaielと関係があります。
分析データによると、北朝鮮はこの6年間にサイバー攻撃で計20億ドル以上の貨幣を盗み取っており、暗号化された貨幣を使っています。
2014年まで、ソニーの映画業界はコメディー映画「ジョンウンを暗殺する」を発売してやっとそれを次第に浮かび上がらせました。
この映画は当時上映されていなかったが、北朝鮮当局の強い反発を受け、「平和護衛隊」を名乗るハッカー組織が、11 TBの敏感なデータを盗む攻撃を行い、ソニーに警告状を送り、直ちにテロ映画の放送を停止させると脅しました。
その後、北朝鮮当局は事件との関係を否定しましたが、調査員は攻撃者を北朝鮮のハッカーとほぼ断定しました。
写真の出所:ネットで面白いのは、ソニー事件後、北朝鮮ハッカーのサイバー攻撃の方向が以前とは違っていて、前の純粋な政治的目的から徐々に経済目的に転向しているようです。
2016年、バングラデシュ銀行は世界史上最大の銀行窃盗事件に遭いました。ハッカーはその漏れたデータを利用して8100万ドルの窃盗に成功しました。
複数のネット企業が調査した結果、今回の攻撃の張本人はラザスを指すことが判明しました。今回の行動は攻撃証拠を除去するためのコードと、2014年にソニーの映画業界にハッカーが攻撃した時に使うコードがまったく同じです。
今回の二度の大ヒット攻撃を経て、Lazusの神秘的なベールが次々とめくられていく。
その後、コスタリカ、セルビア、ガボン、インド、イラクなど17の国の金融機関のハッカー攻撃事件と、2017年から2019年までのCoicheck、Bithumb、Dago Ex、Biki、Cyptpia、Etboxなどの多くの取引所でのコイン盗難事件も、例外なくLazaus及び他の2つの知名度の比較的弱い朝鮮ハッカー組織と連絡できます。
画像の出所:ネットは朝鮮がずっと認めませんが、大部分の人は国連と韓国メディアの指摘を認めました。
さらに韓国に亡命した北朝鮮の元官僚で、インターネットセキュリティ専門家のKim Heug-Kwagも、ラザス組織が北朝鮮当局に所属し、北朝鮮のAPT組織であることを明らかにしました。
CharialysisはLazusは他の自分を証明したいとか、混乱を作っているハッカーグループと違って、彼らの動機は非常に単純で、純粋にお金を稼ぐためですと指摘しています。
また、追跡を防ぐために、北朝鮮のハッカーは何度も分解して転送するなどして、白ビットコインを洗って、音もなく安全にお金を懐に収めることができます。
2017年中旬、多くのブロックチェーン機構が北朝鮮からのビットコインノードの活動頻度データを発見しました。この年は指数レベルの増加傾向を示しています。
北朝鮮はインターネットに対して厳しい統制を持っているため、多くの西洋メディアは、朝鮮政府や軍がビットコインの採掘活動を計画していると推測しています。
貨幣泥棒、鉱山掘り、マネーロンダリング…北朝鮮は組織ががっちりしていて、体系が健全で、経験が豊富な国家級ビットコインの大型プレイヤーです。