取引の深さは何ですか?簡単に言えば、取引は多額の取引を受ける時に、貨幣の価格は大幅に変動する能力が現れないです。例えば、国内三大取引所(火元、OKexと貨幣安)の取引の深さは比較的に良いです。
なぜ取引の深さを知りたいですか?例えば、BTCを100個買いたいなら
深さのないA取引所で、10,000ドルで20個買いたいなら、10100ドルで20個買います。購入後、総コストは100020+1010020+10500+10800*20=103000ドルです。
深さのあるB取引所で、直接10000ドルの価格で100個を買います。購入後、総コストは10000*100=100000ドルです。
取引の深さがあるB取引所でビットコインを買うと、市場価格で32000ドルを節約できます。コストを増やすことはできません。もしあなたが売るなら、取引の深さがある取引所でも売ってください。でないと、あなたの貨幣は売れば売るほど下落します。
まとめてみます。主流貨幣の取引の深さは普通いいですが、一部の小取引所に深さがないことも排除できません。大多数の偽物は流動性の罠があります。注意してください。
ここで挙げた例はただ簡単に理解できます。普通の主流貨幣は心配しなくてもいいです。もしあなたが手に山寨貨幣を持っているなら、取引の深さを考慮しなければなりません。潜在的な優良品質の山寨貨幣は取引の深さがないなら、取引の深さを考慮してもいいです。