Bitcoin.comニュースによると、インド準備銀行(RBI)の銀行禁止命令により、インドの取引所が主催するピアツーピア(P2P)仮想通貨取引プラットフォームの取引量は急増しているという。ローカルの仮想通貨取引所のWisirxのCEO、ニッシャル・シェティ氏は 「インド人は驚くほどのスピードでP2Pにアップグレードしています」と述べた。インドの最高裁判所がRBIの銀行禁止令に対する告発を延期しているため、インドの取引所ではP2P取引や仮想通貨ATMを開始するなど、銀行問題に対する独自のソリューションを実施している。