Binance は、世界的な仮想通貨取引所であり、Binance は仮想通貨市場の中でも先進的な取り組みを行ってきた取引所であり、Binance に上場することによって多くの仮想通貨は大きな影響を受けてきた。また、取り扱う仮想通貨の多さだけでなく、セキュリティの高さも評価されていた。しかし、ハッキングによって2019年5月7日、約44億円もの資金を引き出されている。

 

ビットコインが狙われたものであり、Binance が保有しているビットコインの保有量の約2%がこのハッキングによって失われた。ハッキングを受けたのは、ホットウォレットであり、オンラインを介したウォレットに何かしらの問題があったということだ。Binance はハッキングによって失った資金に関しては、すぐに保険を対応させたうえでビットコインを補償すると発表している。

 

 

また、今回のハッキングを受けてBinance はビットコインの再編成を行うかもしれないと発表していたがそのアイディアを採用しないことも発表した。

 

再編成は、取引記録を別に作ることを意味しており、ビットコインのロールバックを行うことによってハッキングをなかった事にする可能性もあった。しかし、ロールパックを行うことは、ビットコインの意義に大きく反するものであり、かつてのイーサリアムと同じような行為をビットコインでも行う可能性があった。

 

結果として、この案は否定されたものの、Binance はセキュリティ体制を全般的に見直す必要性があると述べている。Binance のハッキングを受けて仮想通貨市場は大きくマイナスの影響を受けていると言えるだろう。

 

しかし、Binance の素早い対応は評価されており、取引を停止などの対応も迅速だった。仮想通貨取引所を営む限り、ハッキングの対象となり続けることを意味する。その上で、Binance はDEX も発表していることから、ブロックチェーン上における取引所のあり方に対してもプロジェクトの見直しがかけられる可能性がある。今後のBinance の対応に関しては要注目だと言えるだろう。