仮想通貨に関する規制案などは、規制当局だけでなく、仮想通貨協会などから、提案されることが多い。協会のメンバーは、それぞれの協会によって大きく異なるものの、仮想通貨関連事業を行っているものが多く、仮想通貨の投資の現状やメリット・デメリットに対して理解を示している団体や企業がメンバーとなっている。

 

そして、今回メキシコで初のブロックチェーン協会が結成された。メンバーには、コンセンシスやGBM、エクスポネント・キャピタルなどが含まれる。

 

・メキシコのブロックチェーン協会設立について

2018年11月28日、メキシコで国内初となるブロックチェーン協会が設立された。協会の設立目的は、ブロックチェーンの導入や可能性を広く多くの国民にアピールし、普及を行っていくことが目的だ。

 

ブロックチェーンに関しては、あらゆる産業や業界での応用が目指されている。イーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン氏が発言したようにすべての産業やサービスにブロックチェーンが応用できるわけではない。しかし、既存のシステムのデメリットをなくすというメリットが確かに存在している。

 

そのため、メキシコにおいても包括的な規制案やブロックチェーン技術に対する国民の理解度をあげるという取り組みに至ったと推測できるだろう。

 

加えて言えば、多くの国で規制当局の他にブロックチェーンに対する協会が設立されており、仮想通貨使用に対する模範的な行動を示すことを多くの協会が目指している。

 

ちなみにメキシコの中央銀行であるメキシコ銀行では、2018年9月の段階で仮想通貨関連サービスを提供するすべての銀行と仮想通貨取引所に対して中央銀行認可がなければ運営ができないという規定を設けている。

 

つまり、ブロックチェーン協会はこの規定も踏まえつつ、国民に対して仮想通貨の可能性を示し、アイディアを共有し、メキシコの仮想通貨市場を盛り上げていきたいという狙いがある。今後もメキシコの仮想通貨市場が活発に動くことが予想される為、注目していこう。