貨幣世界研究院のオリジナルコラム「アナリストが後市を見ている」に興味を持ってくれてありがとうございます。同名の深さシリーズのオリジナルコーナーが現在発売されています。
好きなアナリストがいたら、メッセージ、深さの文章、B圏でコメントしてください。好きなアナリストを指名してください。
今日【アナリストは後市を見ます】皆様のためにご招待したアナリストは林淵知幣です。彼は未来の24時間の盤面の動きを説明して、予測をして、皆さんに操作のアドバイスをします。
ビットコインはこの二日間で再び吸血状態が現れました。昨日の空単も「成功」によって停止されました。今は顔がかすかに痛いです。しかし、動きについてはまだ縮小して整理しています。原因は全部分かります。後の片側の動きは期待に値すると思います。しかし、半減相場にとっては、短期の収束が爆発する一方的な動きは、大食前のおかず、つまり市場で言われている半減前の最後の相場であり、半減期間が近くなりつつあります。過度に半減相場を期待しないでください。期待すればするほど、失望します。何もない今をつかむより
人生は旅人のように楽しいものが来て楽しいものがある。
最も重要なのは、今を把握することです。目の前の人と事を大切にすることをマスターします。
私達はすべてを大切にして、生活はやっと至る所に花が咲き乱れます!今日のビットコインの相場の動きについては、明け方のグラフの動きが逸脱していますが、他の貨幣の資金がBTCに流入しています。BPTCの吸血が深刻で、再度9000ドル近くに達し、その後は反落しました。しかし、他の貨幣は連動して上昇していません。
私たちはトレンドの圧力線を上方に向けて、4時間の線図で形成された狭い三角形、平均線と布林帯がバランスよく発展しています。下のMACDの赤い柱ももうすぐ量が終わるという錯覚を与えています。多頭はトレンドラインの下で何度も打診しています。上に9200ドルと下に8600ドルを置いています。
もっと堅実な操作はもちろん破位順の追跡です。9100ドルを突破できなかった前に、私達は動きを信じる理由があります。それとも8600ドルを下調べしますが、満ち足りない位は8700ドルにしたほうがいいです。次は三角形の収束を待っています。
太閤の相場の動きについては、ETHの動きは昨日はあまり変動していません。明け方に図を示して運行を続けています。下り通路を突破できない前に、まだ空振りがメインです。現在の動きも重要な位置に来ています。下り通路の沿線に触れて、4時間の線図でも金叉の動きを構成しています。その後の動きはやはり連動BTCですが、動きはBTCより弱いです。しかし、下落の幅はもちろんBTCより大きいです。やはり前期の低さを190ドルとして支持しています。その後、リフレクションの動きから出れば、190ドルの大きな確率で試してみますが、もし放出量が有効で210ドルを突破すれば、追えばいいです。
柚子貨幣の相場の動きは、EOSの動きがより弱くなります。昼のこの波は連動して上昇していませんか?それともBTC吸血がひどいです。他の貨幣は自分を表現する機会がないです。四時間ライン図にも下り通路が構築されています。一部の人たちは多単を考え始めました。