3月26日 火曜日


1.ビットコイン4000ドル下回る 下値不安が継続|仮想通貨朝市況

  26日の仮想通貨市場は、ビットコインが日本時間未明に急落、CoinMarketCap上のビットコイン平均取得価格にて10日ぶりに4000ドルを下回った。参照元

  ✩✩✩✩✩


 2.金融庁、楽天とディーカレットの「仮想通貨取引所」を認可|今年2例目で登録を本格化

  日本金融庁は25日、新たに「楽天ウォレット株式会社」と「株式会社ディーカレット」2社を正式に仮想通貨交換業者に登録したことを発表した。本格的に新たな日本の仮想通貨取引所が動き出す。参照元

  ✩✩✩✩✩


3.ヤフー出資の仮想通貨取引所TAOTAO、5月中旬にサービス開始へ|25日より事前登録開始

  ヤフー株式会社の子会社が出資を行うTaoTao株式会社は25日、新たな仮想通貨取引所「TAOTAO」の営業を5月中旬に開始を予定していることを発表した。「新しいお金。新しい世界。」をスローガンに、利用ユーザーへ安心安全のサービス提供を目指す。参照元

  ✩✩✩✩


4.BTC / BNB決済に対応した「オンライン不動産オークション」開催

  BTC (ビットコイン)とBNB (バイナンスコイン)での決済手段を採用した世界で初めての仮想通貨決済による不動産オークションが2019年4月8日に開催されます。参照元

  ✩✩✩✩


5.JCoinMarketCap、偽取引量を指摘したレポートに対応する新データを公開へ|仮想通貨市場の透明性向上が目的

  業界最大級の仮想通貨情報統計サイト「CoinMarketCap」はデータの透明性を向上するために新たなデータを公開していく方針を明らかにした。BitWiseが公開した「仮想通貨取引量の95%が水増しされている」とするレポートに対応する形となっている。参照元

  ✩✩✩✩


6.6月に大阪で開催されるG20、仮想通貨が議題に盛り込まれる見通し|暗号資産への呼称変更も国際会議を配慮か

  日本の大阪で2019年に開催されるG20サミット首脳会議にて、仮想通貨が議題に盛り込まれる見通しであることがわかった。 金融商品取引法と資金決済法の改正案を閣議決定した日本政府、自国開催の国際会議を配慮した動きとの見方も。参照元

  ✩✩✩✩


7.米シカゴ・マーカンタイル取引所CEO「規制当局には、ビットコインの発行制限が障壁」

      CMEグループのCEOであるTerry Duffy氏は、規制当局が仮想通貨関連の金融商品の認可を渋る理由に「仮想通貨の通貨発行量制限」を挙げ、債務を抱えられないことが規制における障壁だとした。参照元

  ✩✩✩✩


8.マネーパートナーズ、仮想通貨交換業を目的とする子会社を設立|大和証券と業務提携

  マネーパートナーズは本日、100%出資による仮想通貨交換業を目的とする子会社設立を決議した。筆頭株主である大和証券グループとのブロックチェーン技術を用いた業務及びコンサルでの業務提携を行なっている。参照元

  ✩✩✩


9.仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの申請が失効

  中国のマイニング大手Bitmainは香港証券取引所におけるIPOを狙ってIPOの申請を昨年の9月に出していたが、当局からの公示等の返答がないまま6ヶ月間経過してしまったため、申請が失効となった。仮想通貨相場の不安定感が根底にあると見られる。参照元

  ✩✩✩




Talentaの最新情報、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるの登録はこちら。

Facebook:https://www.facebook.com/talentasg/

WeChat:https://mp.weixin.qq.com/mp/profile_ext?action=home&__biz=MzUzNDk0OTAxOQ==&scene=124#wechat_redirect

Twitter:https://twitter.com/TalentaSG_jpn

Telegram:https://t.me/TALENTA

はてなhttps://talentasg.hatenablog.com/