国内で初めてブロックチェーン技術で包装され、デジタル通貨を媒介とするPlusTokenマルチ商法が最終審判決を迎えました。
11月26日、中国裁判文書網によると、江蘇省塩城市中級人民法院は特大多国籍ネットワークマルチ商法犯罪事件の二審刑事裁定書を発表し、本件の事実が明らかであると判断し、裁判を開かないことを決定し、控訴を却下し、原審を維持することを決定した。トレイ江蘇省塩城市中級人民法院はこの事件の2審判決裁判書
9月22日、塩城経済技術開発区人民裁判所がこの事件に対して下した裁判の決定は以下の通りである。
陳波、丁賛清、彭一軒、谷智江、袁園、陸麗龍、陸万龍、鄭敬、王仁虎、賀思思、劉佳、劉帥、彭波、伍見紅犯、組織伝、指導伝販売活動罪は、2年から11年までの有期懲役を言い渡し、12万から600万までの罰金を科します。飾り立てる犯罪の罪を隠し、懲役4年10ヶ月を言い渡し、罰金60万元を科す。押収したデジタル通貨は法により処理され、所得資金と収益は法により没収され、国庫に納入される。凍結、差し押さえ資金は5067.91億元で、いずれも法により没収し、国庫に納入する。収賄金で購入した不動産17セット、自動車3台を押収し、法により競売し、収賄金に抵当し、押収し、国庫に納入する。
このうち、公安機関が事件を起こした後、被告人からこのプラットフォームのデジタル通貨の一部を押収した。ビットコイン19.48万個(現在の市価で計算すると、32.82億ドル)、イーサ坊83.3万個、ライトドル142.08万個、柚子貨幣2766.87万個、ダミー貨幣7.42万個、瑞波幣4.88億個、犬幣6021.6億円、ビット現金7.92億元、37個に達した。トレイ.階層関係3293階まで達して、数字の貨幣の合計を受け取って148億元を超えます。
PlusToken「ブロックチェーン」の上着をかぶって生まれたのです。
028年の初めに、陳波はブロックチェーンをコンセプトにPlusTokenプラットフォームを設立しました。先後に被告人の鄭敬、王仁虎チームを招いてこのAPPを開発、運営して維持します。同時に、陳波、丁賛清、彭一轩、谷智江などはPlusTokenプラットフォームの最高市場普及チームを設立しました。盛世連盟コミュニティは、WeChatグループ、インターネット、不定期組織会議、コンサート、旅行などを通じてPlusTokenプラットフォームの紹介、ボーナス制度、運営モードなどの宣伝資料を発表しました。広いです。
028年5月から、陳波、袁園は相次いで劉帥、陳滔、賀思思、劉佳、彭波、陸麗龍、伍見紅などを募集してPlusTokに従事します。エンプラットフォームのカスタマーサービス、貨幣調達の仕事。2018年8月、丁賛清の招待を受けて、陸万龍はPlusTokenプラットフォームに参加し、他のブロックチェーン領域活動の主催者、マスコミとの紹介、ドッキングを担当し、宣伝プラットフォームを普及させ、影響力を拡大する。
原審判決は、PlusTokenプラットフォームは実際の経営活動がなく、インターネットを媒介として中国や韓国、日本などに広がっていると認定しました。このプラットフォームはデジタル通貨の付加価値サービスを提供するという名目で、対外的には「スマート犬がレンガを運ぶ」という機能を持っていると公言しています。プラットフォームは参加者がオンラインの推薦で会員アカウントを取得し、500ドル以上のデジタル通貨を敷居料として納付し、「スマートドッグ」を開いてこそ、プラットフォームの収益を得ることができると要求しています。会員間では推薦発展の加入順によって上下線の階層を構成し、下線会員数と投資を発展させる。資金の数は、会員等級を一般会員、大戸、大カレー、大神、創世五段階に分けており、このプラットフォームは知能搬出煉瓦収益、リンク収益、高管収益などの3つの主要収益方式を設置し、これによってリターンを行い、直接または間接的に発展人員数と納付金額を元に戻す。
029年1月、法律的な打撃を避けるため、陳波、袁園はプラットフォームカスタマーサービスグループ、貨幣配分グループをカンボジア西哈努克城に運び、PlusTokenプラットフォームでマルチ商法活動を続けています。
上海辰星電子データ司法鑑定センターの鑑定を経て、2018年4月6日から2019年6月27日まで、このプラットフォームは登録会員番号269.35万を記録しています。そのうち、身分認証を受けたアカウントは159.49万個で、最大級は3293階です。
蘇州瑞亜会計士事務所の鑑定を経て、2019年6月27日まで、PlusTokenプラットフォームは会員から納付されたビットコイン(BTC)31.42万個、ビット現金(BCH)11.75万個、ダ世幣(DASH)9.6万個、犬幣(DOGE)110.6億個、ライト貨幣(LTC)187.7万個、エーテル坊(ETH)917.42万個、ゆず貨幣(EOS)5136.33万個、瑞波幣(XRP)519.28万円。塩城市物価局価格認定センターの認定によると、2018年5月1日から2019年6月27日までの期間の最低価格で計算し、上記8種類のデジタル通貨の合計は148億元を超えた。
注目すべきは、創業者の陳波はデジタル通貨で関連プラットフォームの普及費用を支払うほか、他のプラットフォームの従業員の費用を支払うほか、デジタル通貨を換金することによって現金化しました。その中で、貨幣を売って中継森、遊上椿などに支払うことで1.45億元が換金されました。train.14人の犯罪者組織、指導者のマルチ商法活動罪を除いて、原審裁判所の認定によると、2019年6月27日から28日まで、陳氏はPlusTokenプラットフォームの責任者である陳波が公安機関に逮捕されたことを知っています。関連するデジタル通貨は犯罪所得の場合、依然として積極的に陸佳龍と共謀して、移転、隠匿関係のデジタル通貨を行い、人民元の1.5億元に相当するという金額は特に巨大です。被告の陸万龍は捜査機関によって取り調べられた後、450ビットの貨幣を両替して隠匿しました。456ビット、573181.4個の柚子貨と911個のエーテル坊が追い返すことができなくなりました。事件が発生した後、2019年7月から8月にかけて、被告人は相次いで逮捕されました。
北京日報が9月に伝えたところによると、2019年初め、塩城市公安局は「Plus」に対して特別案件チームを設立した。Tokenプラットフォームは捜査を行い、同年6月には、複数の国と地域に警察を配置し、地元警察と協力して海外に隠れていた27人の主要犯罪容疑者を逮捕し、帰国させました。2020年3月、公安部は全国の公安機関を配備し、犯罪の取次ぎの疑いがある82人の基幹メンバーを全員逮捕する。
一審判決が公布された後、元公訴機関塩城経済技術開発区人民検察院は抗訴を提起した。元審の被告人の陳波、丁賛清、谷智江、袁園、陸麗龍、王仁虎、劉帥は不服で、上訴を提出しました。第二審の審理の間、原審被告の劉帥は控訴を取り下げたとして、塩城市人民検察院は抗訴を取り下げることを決定しました。これに対して、江蘇省塩城市中級人民法院は、控訴理由と弁護意見はいずれも成立しないと主張しています。
この裁判所は、複数の控訴人と原審被告人が経営活動として参加者が費用を納付する方式で参加資格を獲得し、一定の順序で階層を構成し、直接または間接的に発展人員の数量を報酬またはリターンの根拠として、参加者を誘って他人の参加を発展させ、財物をだまし取って、経済社会秩序を混乱させ、その行為はいずれも組織、リーダーシップ活動罪を構成する。原審被告人陳滔は他人の犯罪所得の盗品とわかっていて、隠匿、移転しています。情状が深刻で、その行為は隠蔽、隠蔽を構成して、犯罪によって得られた罪を犯します。陳波、丁賛清、彭一軒、谷智江、袁園、陸麗龍、鄭敬、王仁虎、陸万竜は主犯です。賀思思思思思、劉佳、劉帥、彭波、伍見紅は共同犯罪の中で副次的な役割を果たし、従犯者であり、軽く処罰を軽減すべきです。
お聞きしたいのは、同じく江蘇省塩城市で、10月に塩城市中級人民法院が77億元に達するWoTokenデジタル通貨マルチ商法の第二審刑を発表しました。判決書は、控訴を棄却し、原判決を維持し、被告人に2年から8年までの懲役を言い渡した。train.