アナリストの|Caol編集者|Tog視覚設計𞓜Tia製品の|PANewsは昨年末から、減産予想が業界の主要な叙事の一つとなっている。
ビットコインを含め、少なくとも12種類のデジタル通貨は今年に減産を迎える。
その中で、貨幣価格、市場価値、業界地位から見ても、ビットコインの第三の減産は市場の一番の関心事です。
ビットコインの前の2回の減産の歴史データから見ると、その貨幣価格は減産前後半年で大幅な上昇を迎えます。
今年の2月には、ビットコインが10,000ドルの重要な関門に立つことに成功しました。今年の一ヶ月間の上げ幅は30%を超えました。これは市場を半分にした後の相場に期待しています。
でも、理想の減産脚本は「ブラックスワン」によって混乱されました。
新冠の疫病の世界的な広がりに伴い、投資家の恐慌感情が持続的に発酵し、ビットコインは危険資産として売られ、貨幣価格は先行的に「半減」して5000ドルを割り、計算力は85 EHsまで下落した。
急落した後、貨幣価格と計算力は回復しましたが、4月25日現在、7541ドルの終値は、依然として減産前の半年の平均値を下回っています。
ビットコインの減産に伴い、計算力はビットコインに切り替えられます。豊水期が近づくと電気代の調整ができます。また、ビット大陸と神鉱機の大きな計算力マシンは半減後に投入されます。いずれも半減後の計算力に影響する重要な要素です。
貨幣の価格と計算力の相対的な上昇幅の変化は鉱業の生存環境を測定する重要な参考であり、貨幣の値上がり幅が計算力の上昇幅より大きい場合、鉱業は繁栄段階にあり、逆に生存空間は圧迫されます。
現在の貨幣価格と計算力から見れば、両者の相対的な変化はすでに間違っています。
この基礎の上でビットコインの3回目の減産を迎えると、今後半年で鉱業はどのような局面に直面しますか?第3回の減産前貨幣価格の下落、算力の上昇、採掘利益の減少が減産前の半年(180日間の統計では減産当日を含まない)と減産後半年(180日間の統計では減産当日を含む)の区間を減産効果周期とすると、5月10日の予定減産日によって推論し、ビットコインの第3回の減産効果は2019年11月12日から2020年11月11日までである。月6日
BitIfoChatsのデータによると、減産前の半年間で、ビットコインの価格は減産効果期から8776ドルで最高10331ドルに上昇し、その後、下落しました。最低は3月16日の5005ドルまで下落しました。4月22日現在、人民元は6872ドルまで跳ね返りました。
ビットコインの貨幣価格は減産前の半年間で21.7%下落しました。しかもまだ半年以内の平均水準を下回っています。
貨幣価格の動きと違って、ビットコインのネット計算力は依然として上昇傾向にあります。
減産前の半年間で、ビットコインの全ネット計算力は減産効果期から97.49 EHsを最高の133.29 EHsに上げました。3月中旬に貨幣価格が急落し、ネット計算力も最低の85.01 EHsに戻しましたが、計算力は半年の平均線以上に回復しました。
4月21日現在、ネット全体の計算力は約119.13 EHsで、減産効果が始まった時より22.19%上昇しました。
ビットコインの三回目の減産前の半年間は貨幣価格が下落しましたが、ネット全体の計算力が上昇しました。両者の転位の発展によって採掘収益が下落し、鉱業の生存環境が圧迫されました。
統計によると、昨年11月12日に減産効果期に入った時、鉱山労働者の1日当たりのT計算力が得られる採掘の収益は約0.514ドルだった。
その後、人民元の価格は2月初めに10000ドルの関門に立ちましたが、単位で採掘した収益はまだ革新的ではありません。
貨幣価格の暴落に伴い、単位採掘の収益も毎日T当たり0.069ドルの安値に下落しました。
4月21日現在、1日当たりのT計算力の採掘利益は約0.109ドルと予想されていますが、依然として減産前の半年の平均値を下回り、半年では約29.22%の減少となりました。
貨幣価格と計算力の相対的な上昇幅が鉱業収益に影響を及ぼしています。PADataによると、これまでの特別貨幣採掘の観察に比べて、貨幣価格とネット全体の計算力の相対的な変化の度合いは、鉱業の生存環境を知る窓口です。
ビットコインの価格とネット全体の計算力の歴史の相対的な変化から見て、貨幣価格と完全な計算力は二つの関連があります。一つは同じ方向の変化、すなわち貨幣価格の上昇、ネット全体の計算力も上昇します。これは2017年と2019年の関連です。
反対に、貨幣価格もネット全体の計算力も下がりました。今年の3月の暴落時に発生しただけです。
もう一つの関連は貨幣価格とネット全体の計算力が同じではないです。つまり同じ時期に上昇し、一つの下落です。
しかし、鉱山労働者が理性的な人であると仮定して、収益は鉱山の主要な動力であり、貨幣価格が上昇した時、ネット全体の計算力が落ちる可能性は低いです。
逆に、貨幣価格が下落した時、ネット全体の計算力は依然として上昇する可能性があります。例えば、2018年と現在
この時、ネット全体の計算力が上昇し続けているのは、将来の貨幣価格の上昇の予想から来るかもしれません。
採掘の収益は取引手数料も含まれていますが、PADataが2019年のビットコインチェーンのデータを分析すると、取引手数料は平均的に鉱夫の収入の2.8%だけを占めています。
したがって、貨幣価格とネット全体の計算力の違いだけを考慮して、鉱業の生存環境は大体四つに分けられます。
第一は貨幣価格が上昇し、ネット全体の計算力も上昇した場合、同期の貨幣価格の上昇幅が計算力の上昇幅より大きい場合、鉱業は繁栄期にあり、採掘は超過利潤を得ることができます。同期の貨幣価格の上昇幅がネット全体の計算力の上昇幅より低い場合、採掘は依然として利益を得ることができます。
第二の生存環境は貨幣価格の上昇とネット全体の計算力の下落が同時に発生することはほぼ不可能です。
貨幣価格が下落した時、ネットの計算力も下落した時、鉱業の第三の生存環境を形成しました。同期の貨幣価格の下落幅が計算力より大きいなら、市場は残りの計算力を大幅に淘汰して市場のバランスを維持する可能性があります。同期の貨幣価格の下落幅が計算力の減少より低い場合、市場はまた超過収益を獲得する可能性があります。新しい計算力は市場に入ります。
しかし、鉱業の歴史ではまだこのような状況が発生していません。
鉱業の第四の生存環境は貨幣価格が下落した時に、計算力が増加した時に、貨幣価格の下落幅は依然として鉱業の許容範囲内にありますが、採掘の収益空間はさらに圧迫されて、内部競争は激しくなります。今後の計算力の増加は鉱山の未来の貨幣価格の動きに対する判断によって決まります。
現在の鉱山はこのような環境にあります。豊水期は採掘コストを下げるかもしれません。しかも半月は半分の予想があります。
第二次減産による鉱業への配当金が大幅に減少しました。ビットコインの前の2回の減産前後の鉱業の生存環境の変化から見て、今年第三回の減産後、鉱業に超過収益をもたらす可能性はすでに低くなりました。
統計によると、初めての減産前の半年間は、ビットコインの価格は5.24ドルから12.22ドルに上昇し、上昇幅は133%に達した。
同期の全ネット計算力は10.92 THsから25.85 THsに上昇し、上昇幅は136%に達した。
貨幣価格とネット全体の計算力の相対的な上昇幅から見ると、初めて減産前の半年は、減産効果が強く、貨幣価格の上昇が明らかで、計算力の前倒しの配置、鉱業は第一の環境の中で、全体的に繁栄しています。
しかし、利潤の上昇幅が貨幣価格より高いため、採掘の利潤は圧迫されます。
減産後半年で、貨幣価格は12.27ドルから128.35ドルに上昇し、945%まで値上がりしました。
同期の全ネットワーク計算力は27.62 THsから104.78 THsに上昇し、上昇幅は約279%であった。
貨幣価格の上昇幅は計算力の上昇幅よりずっと高くて、初めて減産した後半年で、鉱業全体は超過利潤を獲得して、生存環境は減産前の半年より大幅に改善しました。
BitIfoChatsのデータによると、初めての減産効果期間中、毎日T当たりの予想収益は3653ドルから5450ドルに上昇し、46.56%の上昇となり、最大13355ドルに上昇し、最高利益は約265.5%だった。
しかし、2016年の第二次減産時には、減産効果による鉱業への配当は大幅に減少しました。
第二次の減産前の半年間は、ビットコインの価格は445.54ドルから649.59ドルに上昇し、上昇幅は約45%で、初めての減産前の半分の利得を大幅に下回りました。
しかし、同期のネット計算力は0.89 EHsから1.56 EHsに上昇し、上昇幅は約75%であった。
第二次減産前の半年の鉱業の生存環境は全体として初めて減産前と同じで、いずれも貨幣価格の上昇幅が計算力の上昇幅より低く、全体的に繁栄していますが、利益と圧力は同じです。
しかし、初めての減産前の半年間は、貨幣の値上がり幅がわずかに計算力の上昇幅より3ポイント低いだけで、鉱業の利益負担は小さいですが、第二次減産前の半年間は、両者の上げ幅は30ポイントも違っています。鉱業の利益負担は明らかに大きくなりました。
第二次の減産後半年で、貨幣価格は645.33ドルから927.98ドルに上昇しました。上昇幅は約43%です。
同期の計算力は1.65 EHsから2.34 EHsに上昇し、上昇幅は約42%であった。
貨幣価格の上昇幅は計算力の上昇幅より1ポイント高いです。鉱業は超過利潤を獲得しましたが、超過利潤空間は初めて減産した後の半年よりずっと低いです。つまり減産後の採掘利潤は下がります。
また、PADataが以前にCoi Meticsを参照して修正した貨幣価格の分析によると、第二次減産後半年の貨幣価格の上昇幅は約37%で、同期の計算力の上昇幅を下回ると、鉱業は超過利潤を獲得しておらず、むしろ鉱山の利益負担は減産前よりも大きいです。
統計によると、2回目の減産効果期間中に、毎日T当たりの予想収益は2.15ドルから0.85ドルに下落し、60.47%下落した。
どのグループのデータを参照しても、同じ推論を指しています。つまり、第二次減産による鉱業への配当は大幅に減少しました。
以前の2回の減産データを見ると、減産前後半年間で、貨幣価格と算定力は上昇しましたが、上げ幅はすでに縮小され、一定の限界形態を示しています。
さらに重要なのは、貨幣価格と計算力の相対的な上昇幅が縮小していることであり、上昇幅が近づくと、貨幣価格の上昇幅が計算力の上昇幅より大きくても、採掘収益は依然として低下すると予想される。
半月後にはビットコインの3回目の減産を迎えるが、この傾向の下で、今回の減産後半年で鉱業はどのような局面に直面するだろうか?第3回の減産後、鉱業が直面する可能性がある3つの局面は4月21日現在のデータによると、今回の減産前の半年間の貨幣価格は21.7%下落し、計算力は22.19%上昇しました。鉱業は生存環境の第4の可能性があります。この時、鉱業の収益負担はすでに大きくなりました。
その上で、前回の2回の半減傾向を踏まえて、今回の半減後の鉱業の生存環境の理論変化は3種類あるかもしれません。
第一の可能性のある発展傾向は、半減後の貨幣価格の上昇を仮定すると、貨幣価格と計算力の歴史的な動きによって、プラスの豊水期に加えて、計算力の大体の比率も上昇します。
毎回減産後半年で利回りが下がる傾向にあると仮定すれば、今回の減産後半年での利回りは第二次減産後42%を超えないかもしれません。
計算力によると42%の大きな値が上がると推定され、貨幣価格の上昇幅が42%を超えると、鉱業は必ず超過利潤を獲得し、収益環境は現在より著しく改善されます。
4月22日付けの6872ドルの価格によると、貨幣価格の42%は9785ドルです。
逆に、貨幣価値の上昇幅が低い場合や、計算力の上昇幅よりやや高い場合、鉱業は超過利潤を得ることができないかもしれません。
減産後半年での利回りの低下を想定して推論しないと、今年以降の日平均0.50%増の計算力で推論すれば、減産後半年での計算力は90.15%増加する。この時、鉱山は必然的に超過利潤を得る貨幣価格の境界線は13056.8ドル前後になる。
第二の可能性のある発展傾向は、今回の減産後の貨幣価格が下落し、鉱業の生存赤い線を突破した時に下落しました。
もし貨幣価格の下落幅が計算力の下落幅より大きい場合、市場上は依然として黒字であり、この時も引き続き淘汰される可能性があるということです。
貨幣価格の下げ幅が計算力の下げ幅より小さい時、新しい計算力が市場に入るかもしれません。その動力は未来の貨幣価格の上昇空間です。
ここで、計算力の下落幅の大きさは鉱夫の生存赤い糸の高低によって決まります。
ビット大陸董事長兼CEOの呉忌寒氏はこのほど、ビット小鹿421豊水節において、その個人的な観点は、埋蔵量鉱物機の分布などを総合的に考慮し、半減後、全網の計算力は20%減少すると予測した。
計算力が低下すれば、貨幣価格も下落した状態になります。計算力は20%下落したのは去年11月の水準に戻りましたが、現在の貨幣価格は当時より20%ぐらい下落しました。もし再び下落したら、鉱業収益の負担は年末よりもっと大きくなります。
しかし、長期的には、これはまたは鉱業内部の調整の機会です。
第三の可能性のある発展傾向は、今回の減産後の貨幣価格は下落しましたが、下げ幅は大きくなく、計算力は依然として伸びを維持しています。しかし、その伸びは鈍化しました。2018年下半期に発生した場合のようです。
では、減産後の鉱業の生存環境は現在と似ていますが、もっと厳しいです。
いずれにしても、3回目の半減、生存か壊滅かは、鉱山労働者にとっての挑戦です。