貨幣世界研究院のオリジナルコラム「アナリストが後市を見ている」に興味を持ってくれてありがとうございます。同名の深さシリーズのオリジナルコーナーが現在発売されています。
好きなアナリストがいたら、メッセージ、深さの文章、B圏でコメントしてください。好きなアナリストを指名してください。
今日【アナリストは後市を見ます】皆様のためにご招待したアナリストは潭学区のブロックチェーンです。彼はみんなに未来の24時間の盤面の動きを説明して、予測をして、そしてみんなに操作の提案をします。
【昨日の相場を振り返ってみます。】ビットコインは4時間昨日私達の計画は(原文)です。次にビットコインが前回に15 EMAの平均線を測ったら、同時に4時間の平均線を再び交差させて、さらに7300円を下に落としたら、新しい空振り信号と見なされます。
似たような形がないと、逃します。
最後のビットコインは確かに予想通りに上に上がって15 EMAの平均線をテストします。15 EMAの平均線の上にも引けがないので、この時の15 EMAの平均線はやはり一番標準的な抑圧です。
しかし、現在の位置に至っても、平均線にはフォークがありません。ろうそくの図もしばらく7300の上にありますので、まだ信号がありません。
【後市分析】ビットコインの周図では、全体の方向が分かりません。特に先週のろうそくの図にはハンマーが収められています。ちょうど緑の支持線の上にありますので、このエリアの相場は気をつけてください。
ビットコインの天図の上に15 EMAの平均線があり、緑の支持線も崩落しています。構造は空いていますが、7300の水平支持も重要です。天図が7300レベルで引けば、空中で勝算が高くなります。
7300が水平圧力になるからです。空中でフィールドを離れるかどうかを判断する判断の根拠でもあります。リスクも小さいです。今は7300が重要な水平サポートです。このサポートを圧力に変換する必要があります。
ビットコイン四時間四時間のこの波は上に向かって15 EMAの平均線の圧力をテストします。昨日の計画の前半と一致します。だから後半部分の均等線のフォークと7300の下で引けます。
後半は計画通りに完成すれば、ヘッド信号が出ます。
もう一つの場合を想定します。4時間のろうそくの図は15 EMAの平均線の上に閉じられています。
この時7300はまた短期の二重のボトムラインサポートになります。四時間しか見ないと、また多頭信号に変換されます。
もし複数の信号が出たら、私は逃します。上にはまだ天図15 EMA平均線があります。
日図15 EMAの平均線が終値したら、15 EMAの平均線は支持作用に変換されます。
以上のように、ビットコインの中では長期的な方向が分かりませんが、短期ビットコインは4時間の均等線を待って交差した後、空振り信号が現れます。