スクリーンショット 2019-05-13 11.29.47.png


「手元にあるスマホカラオケ、SOMESING」はiOSベータバージョンのアプリケーションをアップストアにサービス開始、SOMESINGの公式フェイスブックとインスタグラムを通じて「iPhone・ゴールデングースなどをプレゼントするiOSサービス開始記念イベントが始める」と26日発表した。

 

S__75825238_0.jpg

 

SOMESINGのKim Heui Bae代表(㈱Emel Ventures)は「2月末、グーグルプレイストアにアンドロイド向けのベータバージョンアプリケーションをサービス開始した以来、約2万ダウンロードとデイリーアクティブユーザー(DAU)が1千人を超え、アイコン(ICON)社のネットワークで活発なトランザクションが行われているなどたくさん注目されている。」と説明し、「今回、iOS向けのベータバージョンのサービス開始をきっかけで日本、東南アジアだけではなく、グローバルiPhoneユーザたちも‘SOMESING’を簡単にダウンロードして楽しめることになったと言うことで凄く意味のあることだ。」と語った。さらに「持続的なユーザ数の増加だけではなく、グローバルDApp(脱中央化アプリケーション)として最高のレベルへの進入することも期待できることになった」と付け加えた。

 

ICON社のLee Jung Hun財団理事は「従来のDAppのエコシステムがにゲーム中心の市場だが、今回SOMESINGのiOSアプリケーションのサービス開始は多様なコンテンツの価値確保だけではなく、ブロックチェーンエコシステムを拡張させることにおいて先頭的な役割をすると期待される」と話しながら、「今後、アイコンのプラットフォーム基盤のDApp市場の活性化に与える影響も非常に肯定的だろう。」と評価した。

 

「歌を愛する人なら誰でも無料で歌を楽しめられるソーシャルミュージックネットワーク」を目指している‘SOMESING ’ はユーザが歌った歌が新しいコンテンツになり、そのコンテンツの人気が多くなるほどユーザにあげられる収益も高くなる仕組みを作っているこのためにブロックチェーン基盤のシステムを持っているのが特徴だ。また、生活密着型エンターテインメントサービスだと言う部分も業界の関心を受けており、2月末にアンドロイドベータバージョンのサービス開始以来、市場からより大きな関心を受けている。

 

一方、SOMESINGは5月3日、日本パシフィコ横浜にて開催される東京ストリートコレクション(TSC)にパートナー社として参加すると明らかにした。これにBlocknetの篠崎博紀(Shinozaki Hironori)代表は「東京ストリートコレクションはAKB48、GENKING、ダンテ・カーヴァーなど日本の有名芸能人がたくさん参加する超大型イベントとして日本のゴールデンウィーク期間中にも拘わらずたくさん注目される大きなイベントだ。」と説明し、「特にSOMESINGはiOSベータバージョンのアプリケーションがサービス開始されることにおいてアイフォーンユーザの比重が非常に高い日本で今回TSC参加を通じて日本の大衆たちにサービスの価値を知らせる良いきっかけになると思う。」と説明した。