2018年の仮想通貨市場は、非常に激しい相場の変動を記録している。例えば、ビットコインの価格に着目すると1月の段階では1BTC200万円を記録したものの、11月では50万円を切るほどまで価値が低下した。

もっとも、仮想通貨のシステムであるブロックチェーン技術は既存の多くのシステムを変革しつつある。例えば、顧客の ID 管理、不動産契約に関わる情報、サプライチェーンなど、既存のシステムでは改善できなかったものがブロックチェーンの利用によって更に利便性の高いサービスに変化するといったじれが増加している。

その上で VCのクリプトオラクルのカーナー氏は、仮想通貨市場に対する見解を述べた。


・カーナー氏の仮想通貨市場に対する見解について


簡潔に言えば、カーナー氏は、現状の仮想通貨市場をITバブル崩壊の状況になぞらえ、今後仮想通貨市場も同じような軌跡を辿る可能性が高いと述べた。

例えば、 Amazon が株式を公開した当初は、18ドルであり、バブル崩壊後には6ドル以下にまで下落している。しかし、 Amazonはその後急激な回復と成長を見せ、現在では多くの企業が存在を無視できないほど巨大な企業となった。

もちろん、カーナー氏は仮想通の仕組みをよく理解した上でバブルと現状の仮想通貨市場を比較し、発言している。加えて言えば、仮想通貨の価格変動は珍しい事ではなく、ステーブルコインのように何かと価値をペッグしている訳でもない。その為、多くの仮想通貨は信頼性だけが価値の担保となっている。

また、仮想通貨市場に対する将来的な見通しに対しては、前向きとしている専門家は決して少なくない。仮想通貨の変動性を加味したうえで、新しいサービスが続々と生まれており、企業だけでなく、性としても仮想通貨の発行やシステムの利用を全体とした計画が既に始動している為だ。

ビットコインだけでなく、仮想通貨市場全体は下落傾向にあり、状況としては決して好ましくはない。しかし、将来性に対して言えば、仮想通貨市場が経済的に上向きになる材料はこれからいくらでも馬ていく可能性を有していると言えるだろう。