最近、ある学術論文はTetheの操作行為が2017年ビットコイン牛市を招いたと主張し、各方面の注目を集めています。
この論文は最初は2018年に発表されましたが、最近はいくつかの新しい分析が追加されました。
テキサス大学オースティン分校のジョン・グリフィン教授(Pof.Joh Giffi)の個人サイトとこの論文の著者の2人によると、業界でも人気のある同業者向けの定期刊行物「金融ジャーナル」(Joual of Fiace)がこの論文の最新版を発表する
Tetheは論文中の説明を否定し、この研究を「非現実的」と揶揄し、「作者は明らかに通貨の暗号化市場について根本的な理解が足りない」と述べた。
しかし、「方法論上の欠陥」や「完全なデータセットの欠如」が広汎に提案されているほか、Tetheはなぜこの論文の論拠に価値がないのかを説明していない。
また、米国ニューヨークに本社を置く弁護士事務所のRoche Feedmaは今年10月、Tetheと姉妹会社のBitfiexに対して集団訴訟を起こし、彼らが市場を操作し、マネーロンダリングを告発しました。
訴訟の内容には、同社が大量の準備金なしでサポートされているTetheを発行し、暗号化された通貨市場全体の価格を操作するという主張が含まれています。
Tetheは同様にこれらの主張の真実性を否定している。
Tetheの論争に直面しているTetheは暗号化市場で最も人気のある安定貨幣を発行しています。
同社は発行するTetheごとに備蓄金100%でサポートされていると主張していますが、その「備蓄金」の定義は今年のある時点で「伝統通貨」から「伝統通貨と現金等価物」に変更されたようです。他の資産とTetheが第三者に提供する貸付金の中の未収金を含む場合があります。
また、同社が主張する透明度の水準は、「専門監査」から外部監査が全くないことに変更されました。
Bitfiex株主の趙東氏によると、少なくとも83.75%のTetheはドルの準備金によってサポートされており、Bitfiexへの借金は含まれていないという。
政府の承諾した内容はいろいろな変動がありましたが、市場は依然としてTetheに対して自信を持っています。ドルに対しての価格はずっと1対1の割合を維持しています。
また、それは依然として市場価値が一番高い安定貨幣です。
ニューヨークの検事総長のオフィスで訴訟を起こしても、Tetheの価格を一時的に抑えただけで、BitfiexはTetheの顧客資金を流用したと主張しています。
Tetheの操作についての疑惑を評価する:今回の論争の核心の真相を振り返ってみると、いったい何ですか?私達は解答を探してみます。まず、この論争を引き起こす学術論文――Tetheのいわゆる「非現実的」の研究を簡単に振り返ってみましょう。
論文の結語の言い回しはかなり明確で、学術論文ではあまり見られません。
この論文の初版の内容は、「現金投資家のニーズに基づいているというより、これらのモデルは供給ベースの仮定、すなわち資金準備のサポートがないデジタルマネーの方が、暗号化された貨幣価格の膨張を招く」と述べています。
今後発表されるバージョンがこのような強い言葉を残しているかどうかは分かりません。
しかし、文書で提供された証拠をよく読んでからは、このような強硬な結論は合理的だとは思いません。
まず、この論文で唯一Tetheの予備金不足の論点を支持する証拠は、現金管理がTetheの監査にどのように適用されるかに関する迂回性の仮定である。
論文の著者は、Tetheが毎月監査を受けているので、もしこの会社がある月に大量のTethe安定貨幣を発行したら、今月末にビットコインの資産の一部を売却する必要があります。これはビットコインの価格が毎月月末近くに下がります。
作者はその証拠を通して、彼らがサンプルとしての24ヶ月間で、月末効果は確かに統計的に著しい性を持っていることを示しています。
しかし、このような月末効果につながる他の可能性があるとは説明していないようです。
また、筆者は、一度に2つの最も重要な月(2017年12月と2018年1月)を除去すると、月末効果は統計的に顕著ではなくなってしまうと認めています。
言い換えれば、この論文の結論のこの部分は、わずか24ヶ月のサンプル数の中で二つのグループから離れる価値があるということに基づいている。
これはあまり信服させられない。
第二に、本論文の著者は、Bitfiexの前の大きな口座番号(1 LSgという)からTetheがビットコイン価格で500ドルの倍数以下の価格で取引する傾向があることを発見した。
統計モデルを利用して、著者らはこれらの大口取引の価格は3時間以内に大きな影響があることを発見しました。この影響は新しいTetheライセンスを獲得した後でもっと大きくなります。
論文の著者はこの発見を価格操作の証拠として解読した。
しかし、よく知られているように、為替レートの下落により、大手世帯は短期貨幣の価格に影響を与えることができます。
総じて言えば、この論文はTetheが市場を操作するという論点にはあまり説得力がない。
Tetheの操作についての告発を評価します。私たち自身の研究はこの問題に関するより多くの背景資料を提供するために、LogHashはこのテーマについて自主的に研究を続けることを決めました。
Tetheが特別貨幣市場の影響を比較するために、Tetheと呼ばれる購買力(Tethe Puchasig Powe)と呼ばれる指標を計算しました。この指標はTetheの時価総額でビットコインの時価総額を割ります。
これは、現在の現物価格の下で、市場上に流通しているすべてのTetheがどれぐらいのビットコインを買うことができるかを測定しています。
この比率が高いほど、Tetheを利用して操作する可能性が高くなります。
上の図では、2017年の牛市場において、夏までTethe購買力指標はずっと上昇しています。そして年末までずっと低くなります。
次に、この指標は熊市の期間に大幅に上昇し、2018年末にピークに達した。
これはTetheが確かに市場を操作しているならば、実際に市場を操作する能力はビットコインの価格が下落する期間で最も強いことを示しています。
これはTetheが貨幣を発行して2017年牛市を推進するという話と矛盾しています。
牛市場のピーク時、Tetheの供給は実際に追いつけなかったです。
Tethe以外の安定貨幣が市場に進出しているため、多くの安定貨幣が異なる発行メカニズムに従っており、透明性が保証されているため、ビットコインの価格がTetheによって進められていることを証明するのはさらに難しくなりました。
次にTetheの安定貨幣市場におけるシェアを描きます。
2018年の間に、新しい安定貨幣が次第に現れて、Tetheから市場シェアを奪い始めましたが、2019年の初めからこの傾向は逆転しているようです。
結論は現在Tetheがビットコインの価格を操作しているという証拠は十分ではないと思います。
また、私たちの研究によると、Tetheは特貨の価格と対比する潜在的な影響は牛市の期間ではなく、熊市にあるということです。
ますます多くの安定貨幣が市場に進出するにつれて、Tetheをめぐる論争も次第に消えていくかもしれません。