パブリックチェーンエコシステムの最も重要な基盤となるインフラストラクチャとして、メインネットのパフォーマンスがその開発に影響します。メインネットの立ち上げから1年以上の間、IOST開発チームは革新的な姿勢を維持し、バージョンを頻繁に更新および最適化しています。

新しくリリースされたオリンパスv3.3.4のキーワードは、セキュリティと使いやすさです。厳しいコード監査や改善された情報ログなどの改善により、IOSTメインネットのセキュリティと使いやすさが大幅に向上しました。


オリンパスv3.3.4での最適化:

1. セキュリティ更新

IOSTは国際的に有名なブロックチェーンセキュリティチームと協力して、今後のレポートで紹介されるコード監査を実行しています。アカウントと資金のセキュリティだけでなく、ネットワークの可用性も含まれるメインネットのセキュリティの改善に引き続き取り組んでいます。 このアップデートにより、メインネットの可用性が向上します。慎重に作成された特定の悪意のあるトランザクションの間の不安定なネットワークパフォーマンスの問題を修正しました。

2. 使いやすさ

一部のノードオペレーターが技術的な問題を解決するのことを支援する一方で、ノードをServi(ブロック生成)ステータスにアップグレードするときに頻繁に技術的な問題で出会い、詳細なガイダンスが必要になることがよくありました。 このアップデートでは、役立つ情報を含むログを追加しました。将来的には、ノード自体がエラー分析を実行する場合でも、IOSTチームの助けを借りて実行する場合でも、問題はより迅速に特定されます。

3 .コードのアップグレード

IOSTのデフォルトコードバージョンがGolang 1.14にアップグレードされました。


IOSTは、開発者が使いやすいパブリックチェーンプラットフォームの構築に取り組んでいます。将来的に、IOSTはメインネットの革新とアップグレードおよび最適化を継続し、より強力な基盤となるインフラストラクチャサポートと優れた開発体験をすべてのメインネットエコシステムユーザーに提供します。

ここからは、IOST開発チームと世界中の開発者たちの無制限の取り組みに感謝の意を表し、開発者コミュニティへの参加を歓迎します。