モバイル決済が急速に普及し、「キャッシュレス社会」に対する思いが豊かになった。
中国は全世界でモバイル決済の応用が最も広い国であり、「現金なき社会」に最も近い国の一つです。
しかし、移動払いだけではデジタル金融時代の変革要求を満たすことができず、さらに深層的な「デジタルマネー」という概念が生まれてきました。
最近、中国人民銀行(以下、中央銀行と略称する)の関係者は公開の場で、デジタル通貨システムの開発を進めていると表明しました。
中央銀行はなぜデジタル通貨を発売しますか?中央銀行の数字の貨幣とネットは支払っておよびいわゆる“仮想の貨幣”はまたどれらの連絡と違いがありますか?デジタル通貨はどう違っていますか?先日行われた第3回中国金融四十人伊春フォーラムで、中央銀行の決済司の穆長春副司長は、中央銀行のデジタル通貨研究所が2018年より早くデジタル通貨システムの開発を開始したと述べ、中央銀行のデジタル通貨はすでに「出たい」となり、インターネットと金融界に広がっているということです。議論が立つ
中央銀行がデジタル通貨の発行を検討しているのは、一時的なことではない。
聞くところによると、2014年から現在に至るまで、中央銀行のデジタル通貨の研究はすでに5年間行われている。
2017年、中央銀行のデジタル通貨研究所が正式に設立されました。
現在、74件のデジタル通貨技術に関する特許を申請しました。
近年、インターネット技術、特にブロックチェーン技術の発展に伴って、世界には多くのいわゆる「仮想通貨」が出現しています。
じゃ、今回の中央銀行が提示したデジタル通貨はこれらの商業「仮想通貨」とどう違っていますか?通貨の属性から見ると、ビットコインなどの「仮想通貨」は本質的に通貨ではない。
「仮想通貨」は国家が発行する法定貨幣と違って、国家の信用サポートがあります。その投機性は監督管理の近似と技術問題などの要素に影響され、価格は常に大幅に下落しています。
通貨流通の原理から見て、金融システムの秩序ある運行とマクロコントロールを保証するために、国家だけが通貨に対して発行の最高権力を行使することができます。
したがって、中央銀行のデジタル通貨は国家信用、中央銀行によって発行される法定デジタル通貨であり、ビットコインなどの「仮想通貨」と本質的に区別されている。
本当に現金の代わりができますか?中国の電子決済は非常に発達しています。中央銀行はなぜ法定の数字通貨を出す必要がありますか?「一般庶民にとって、基本的な支払い機能は電子決済と中央銀行のデジタル通貨の間の限界が曖昧ですが、中央銀行が今後投入する中央銀行のデジタル通貨はいくつかの機能で電子決済と大きな違いがあります。
ムー長春によると、従来の電子決済ツールの資金移転は従来の銀行口座を通じて行わなければならなかったが、中央銀行のデジタル通貨は従来の銀行口座からの価値移転を実現し、取引の一環としてアカウントへの依存度を大幅に低下させた。
分かりやすく言えば、中央銀行のデジタル通貨は現金のように流通しやすく、人民元の流通と国際化に有利であると同時に、匿名化も可能である。
現在流通している現金は匿名で偽造しやすいし、銀行カードやインターネット決済などの電子決済ツールは匿名で支払う需要を完全に満たすことができないということです。
このため、中央銀行のデジタル通貨の設計は主に流通の中で現金の代替性に対して、現金の属性と主要な特徴を維持しながら、携帯性と匿名性に対する人々の需要を満足させます。
中央銀行研究局兼通貨金銀局局長の王信氏によると、中央銀行のデジタル通貨は中国では主に現金に対してある程度の代替が行われ、中央銀行の通貨決済機能の最適化に役立ち、中央銀行の通貨地位と通貨政策の有効性を高めるという。
このように見れば、中央銀行がデジタルマネーを発表したのは、今流行の電子マネーやネット決済ではなく、完全に「ひっくり返しやり直す」ということではなく、既存の人民元システムを置き換えるのではなく、流通現金に対して一定の代替性を持つ新たな暗号化電子マネーシステムである。
中国銀聯股份有限公司の邵伏軍理事長は、中央銀行の法定数字通貨は大きな積極的な影響を与え、通貨の運用に対する監視の効率を高め、通貨政策手段を豊かにすることができると述べました。
聞くところによると、中央銀行のデジタル通貨は主に小口の小売高周波のビジネスシーンに使われています。
中央銀行の周小川元総裁は、数字通貨の研究は、小売決済システムの利便性、敏捷性、低コストを追求していると指摘しています。
研究開発は「競馬」の状態にあります。ここ数年来、商業用仮想通貨が論争されています。将来のデジタル通貨の発展傾向はやはり国家信用に基づいて、各国の中央銀行が発行する法定デジタル通貨です。
調査によると、現在、世界の中央銀行は正式に法定の数字通貨を発表していません。
イングランド銀行、カナダ中央銀行、スウェーデン中央銀行を含む多くの国の中央銀行が法定の数字通貨の研究開発を行っています。
国際通貨基金は、特別引き出し権機構に基づいて世界のデジタル通貨、国際通貨基金通貨(IMFCAO)を発売する計画だという。
現在、中国はデジタル通貨においてまだ研究開発を加速しています。
例えば、中央銀行は8月2日に2019年下半期の勤務テレビ会議を開催し、「わが国の法定デジタル通貨研究開発のペースを速める」と要求した。
最近発表された「中共中央?国務院は深圳の中国特色社会主義先行模範区建設を支持する意見」の中で、「深圳でのデジタル通貨研究と移動支払いなどの革新的な応用を支持する」と明確に表明しました。
調査によると、未来の中央銀行は直接公衆にデジタル通貨を発行するのではなく、二階建ての運営システムを採用します。つまり、中央銀行はまずデジタル通貨を銀行やその他の運営機関に両替してから、これらの機関から公衆に両替します。
中央銀行の法定デジタル通貨の前期または一部のシーンで試験的に実施し、比較的成熟した後に更に普及し、妥当な考慮の上、試行退出メカニズムの設計をしっかりと行うことができる。
ムー長春によると、現在の中央銀行のデジタル通貨の開発は「競走馬」の状態にあり、いくつかの指定運営機関は異なる技術路線を取って研究開発を行っている。
「ブロックチェーンとは限りません。どんな技術でも大丈夫です。
ブロックチェーンであれ、集中口座システムであれ、電子決済であれ、いわゆる移動通貨であれ、どのような技術路線を取っても、中央銀行は適応できます。