2019年の1月から3月の仮想通貨のICO は2018年の第4四半期と比較すると減少しているという調査結果が発表された。ICO に関しては、今年6月にも世界単位の規制が各国に通知され、実施しなければ世界の金融市場から外されるという厳しいものが実施されることになる。

 

また、仮想通貨プロジェクトや仮想通貨の仕組みが多くの国々で、すでにある程度の理解ができるほどまでに広く知れ渡っているため、ICO に対する規制は時が経つにつれて強くなっていると言えるだろう。

 

加えて言えば、プロジェクト数の減少は新しい仮想通貨の登場や仮想通貨の将来性に対して多くの人々が希望を持っていないという見方もできる。しかし、調達額が減少しているものの、ICO の成功率は変わっていないことから、一定数の人々は仮想通貨の可能性を信じていると言えるだろう。

 

先日の仮想通貨市場の価格が上昇した理由は明確にはなっていない。しかし、仮想通貨市場は、いつでも価格の変動が起きる可能性を有している。そのため、仮想通貨市場はリスクだけでなく、メリットも有しており、多くの投資家やユーザーはその科学の条件に注目している状況が今もまだ続いているとみていい。

 

 ICO が行われた業界ではVR やビッグデータ、人工知能に関するものが多かった。加えて言えば、VR やビックデータ、人工知能は、これからの人類の未来を担っていくものであり、仮想通貨のシステムと親和性が高いものも存在している。例えば、人工知能の学習においては、ブロックチェーンを利用した学習は非常に効率的だろう。ブロックチェーンで世界中から知識などを総合的に学ぶことができるためだ。

 

そして、ICO の規制が行われたとしても法的な劣ったものであれば何も問題はない。有価証券として扱われる可能性があるものの、仮想通貨の価値そのものが世間一般的な金融商品と同等に扱われるものであれば、仮想通貨が新しい商品としての価値を獲得することにもつながると言えるだろう。