最近、一部の仮想通貨購入者は自分の銀行カードが凍結されたと反映しています。
ある弁護士が「ビットコインを買うと、騙されました。ビットコインを売ると、あなたが人を騙したのです。もちろん違法犯罪の疑いがあります」と話していたことも話題になりました。
1、大手の支払チャネルはOTC場外取引の仮想通貨取引所を支持しないと表明し、OTC場外取引の形式を多く採用して法貨と仮想通貨の両替を行い、強い監督管理を回避する。
よくある場外支払ルートは、普通はアリペイ、銀行カード、WeChatがあります。
アリペイと銀行カードの支払いが多いです。
銀行ルートはもちろん、13年文であれ94文であれ、その後何度も確認し、書類を再確認しても、金融機関はお客様に仮想通貨登録、取引、清算、決済などのサービスを提供してはいけません。仮想通貨または仮想通貨を決済ツールとして受け入れてはいけません。仮想通貨と人民元及び外貨の両替サービスなどを行ってはいけません。
(中央銀行の上海本社「ICOと仮想通貨取引のリスクを常に把握し続ける」)アリペイも何回もその安全センターのマイクロブログを通じて発声し、仮想通貨の場外取引を支持しないと表明しました。最近は2019年11月28日です。
Alipayをビットコインなどの仮想通貨取引に使用することは禁止されています。発見されたら、関連する支払サービスを停止し、さらには入金機能を永久に制限します。
そして注意してください。振込のメモだけでは足りないので、アリペイを支払うと多くのルートで取引リスクを監視できます。
WeChatでは、テンセント公式も同じ立場です。
また、支払チャネルにおいて、仮想通貨不正行為に対しては、「プラットフォームの入金口座番号を制限する入金機能」、「個人販売家口座の入金限度額を制限する」などの措置があり、すでに取引先番号を使って仮想貨幣取引の整理が完了していると述べました。
2、個人ユーザーのプライベート取引は銀行機構、アリペイ、WeChatが場外取引に対して明確な禁止態度に影響を与えず、個人ユーザーのプライベート取引に影響を与えない。
一部の取引プラットフォームでは、銀行カードが凍結されるのを防ぐために、BTCなどの仮想通貨に関する語彙を使わないでください。
文初の弁護士の話を見ると、なぜそんなに大きな論争を引き起こしたのか、言い方が偏っているだけでなく、みんなの認識を逆にしている。
仮想通貨は「新生」として、わが国で多くの監督管理の新しい問題に直面しています。
現在、わが国が主に打撃を受けているのは、これを名目に違法な資金集め活動や関連犯罪活動です。
これらの犯罪活動は正常な金融秩序に影響を与え、庶民の利益にも影響を与えました。
日常の取引に対して、結局毎日の取引の基礎量は大きすぎて、完全な禁止を完成したいのも非現実的です。
しかし、これは行為の性質と直接関係がありません。
仮想通貨を普通に売買しても、だまされず、刑事犯罪に嫌疑をかけるのは難しいです。
しかし、合法的に仮想通貨を持ち、違法に仮想通貨を取得し、犯罪による仮想通貨の獲得には注意が必要です。
3、司法凍結は現在の主な凍結カードの原因である。すべて銀行と司法の二つの道と言われているが、結局は一つの道しかない。
(1)銀行は一般的にユーザーの銀行カード「凍結口座」を凍結する権利がなく、強制措置に属しています。銀行カード保有者の利益に直接影響を与え、保有者に大きな影響を与えます。
普通は司法機関と一部の行政執行機関だけが権力があります。普通は銀行はだめです。
どのような状況で銀行は凍結カードができますか?もしあなたの銀行カードの残高が0だったら、取引記録がなくて、一定期限以上(例えば一年以上、各銀行の具体的な規定を見て)を超えたら、銀行は自発的に銀行カードを凍結します。
これは実はあなたの実質的な権利にあまり影響しないからです。
残高があって、取引は正常で、どうしてやはり“凍結カード”になりますか?実は、これは凍結ではなく、一時的に非カウンター取引に制限されました。
最大の可能性はあなたのあるお金です。銀行のマネーロンダリングシステムによって監視されました。
銀行は関連状況を確認する必要がありますので、臨時的にカードのルート機能を制限します。
例えば、オンライン取引はしばらく禁止されています。カウンター取引だけを受けるなどです。
銀行から臨時の「凍結カード」はどうすればいいですか?二つの方法は、まず銀行が調べてから、各銀行の効率を具体的に見ると、時間はそんなに長くないです。二つは積極的に銀行と交渉し、個人情報、取引記録及び取引背景資料を提供して、資金往来の合法性を証明すればいいです。
(2)司法機関が銀行カードを凍結するのは頭が痛いです。一旦銀行と確認したら司法機関が凍結した銀行カードとなります。
仮想通貨に対する各地の認識も完全に統一されていません。
司法機関の凍結カードの原因は?主に2つの原因で、違法犯罪、盗品を受け取った。
違法犯罪とは、あなたが自分で違法犯罪をした場合、この銀行カードを支払手段として使うということです。
この場合、普通の仮想通貨の購入者は、比較的少ないです。
最もよくあるのは収賄金を受け取ることです。ここで区別します。一番目のお金を受け取ったのか、それともこの問題のあるお金はいくつかの口座を経由して転送されましたか?あなたの口座に着きました。
凍結と取引金額の大きさは関係がありますか?何千という小さいところから、何万というところまで、何十万というところまで、凍結されている可能性があります。
唯一の関連はこのお金の最初の出所が合法ではないということです。
資金があんなに多く回れば、取引はとても保障されないのではないですか?あまり心配しなくてもいいです。司法機関は普通1、2級の口座を凍結します。多くは4、5級の口座に凍結されるかもしれません。これは各地の事件と違っています。
十何級の口座を凍結するのはまだ珍しいです。
司法機関はどれぐらい凍結されますか?これはとは言えませんが、このお金の関連する事件の性質を見ると、違法事件ですか?それとも犯罪事件ですか?
二つ目は司法機関の操作の流れを見て、常規的に案件と関連があると確定すれば、多くは事件が全部終わってからでないと解凍できないです。
事実を調べたら、事件と関係がないなら、すぐに解凍します。
事件に関する金額だけを凍結してもいいですか?これはちょっと言いにくいです。司法機関にとって、事件の状況は動態的に変化しています。証拠も少しずつ見つけられました。
今日は5万の関係があるかもしれませんが、明日は10万の検査があるとは保証できません。
ですから、一番安全で確実な方法は全部凍結することです。
銀行カードが凍結されました。私は無実です。どうすればいいですか?解凍の一番のポイントは正当な理由があります。
主動的に案件を引き受ける司法機関と連絡を取り、自分の身分証明資料、関連取引記録、取引契約などを持って、詳しい状況を説明します。
疑問やリスクの心配がある場合は、事前に法律関係者に連絡して、その後の措置を決めることをおすすめします。
インターネット金融コンプライアンス、刑事リスクコントロール、刑事弁護は上海検察システムで長年働いていました。主にインターネット、金融関連の案件を担当しています。複数のプラットフォーム会社の資金集め事件、多国籍詐欺事件、ネットプラットフォームのバッグソフトの提案、大手インターネット会社のデータ取得事件などを主催しています。