Quorum は、JP モルガン・チェースが開発したブロックチェーンである。オープンソースのソフトウェアであり、スマートコントラクトを機能として備えている。また、ネットワークとしてはオープンソースであるもののネットワークに参加するには許可が必要だ。仮に許可がなければネットワークに参加することもできないことから、企業向けのプライベートブロックチェーンとして注目されていた。

 

 JP モルガンに関しては、Quorum を国際送金にも使用しており、同社の新しいステーブルコインもQuorumが非常に重要な役割を担うことになる。国際送金プラットフォームについては、仮想通貨のプラットフォームと金融機関によるプラットフォームで提携・開発競争が起きつつある状況だ。

 

 JP モルガンが開発しているステーブルコインの信用性は非常に高い。JP モルガンそのものが大手金融会社であり、ブロックチェーン上で多くの人々の資産を管理するといった手法であっても大々的な批判が集まりにくい調教にあることは確かだ。また、Quorum 以外にもInterbank Information Network を開発しておりJP モルガンは、本格的なブロックチェーンによるシステムの運用を目指していると言えるだろう。

 

その上で2019年5月2日、Microsoft はQuorum をMicrosoft  Azure 使用している顧客に推奨してくことを発表している。つまり、JP モルガンとマイクロソフトのブロックチェーンサービスはさらに拡大する可能性が非常に高い。

 

Microsoft とJP モルガンの仮想通貨に対するスタンスは同一ではない。特に、JP モルガンに関しては、仮想通貨の価値や資産としてのあり方に対して強く疑問を抱いており、かねてよりそのリスクに対しては強く批判を繰り返してきた。

 

しかし、Microsoft と提携したうえで自社のブロックチェーンを全面的に顧客にアピールするといった行為は仮想通貨のシステムのメリットを認めたことになる。JP モルガンで使用するステーブルコインに関しても様々な疑問があったものの、世界的なシェアを獲得する可能性も高い。そのため、Microsoft とJP モルガンの今後の動向を注意深く見守って行こう。