5月17日、2018第一財経技術革新大会で、菜鳥ネットワーク副総裁、智行院院長の陳威さんは、宅配便の物流業界に科学技術が投入され、社会全体にとって価値が高いと述べた。物流技術の第1のプラットフォームとして現在、システム化、データ化、インテリジェント化における投入は最も多く、ブロックチェーン、無人運転車、物流軌道、動的ルーティングなどの研究も含まれている。