5月14日、武漢東湖ハイテク区は高品質の開発を促進する20条の提案を打ち出した。それによると高度技術のイノベーションシステムによって、光谷高能級産業体系は、現在、光学電子情報、寿命と健康、ハイエンド機器製造、省エネ・環境保護、近代的なサービス、集積回路とディスプレイ、デジタル経済などの「5+ 2」の産業構造に依存しています。次のステップとしては、5 G通信、全光ネットワーク、航空世界のブロードバンド接続、量子情報、脳科学、分子育種、人工知能、チェーン ブロック等の新世代など先端産業をスピードアップさせることです。