EOSメインネットワークはアンラインされてから48時間未満の6月16日午後6時頃、EOSのメインネットワークがクラ​​ッシュし、ブロックが一時停止された。 EOSコミュニティの責任者であるトーマス・コックス氏は、Chongテクノロジーのインタビューに答えたところ、どんなソフトウェアにも抜け穴があると述べた。彼はメインネットワークの自動中断に満足している。BPとエンジニアはメインネットワークを修復し、再びオンラインさせた。これはEOSメイン ネットワークの将来が非常に良いと示している。トーマス・コックス氏は、ビットコインとエテリアムは初期の段階では使われていなかったので、人々は抜け穴に注意を払わなかったと述べた。