5月29日、EOSの脆弱性事件について、オリジナルチェーンCEOの段新星が微博でこう述べた。この脆弱性については、国境を越えた脆弱性が配列や使用メモリがあふれ、スーパー権限でWASMをカバーし、新たなコードを記入し、悪意のある操作を行われた。この脆弱性はよく生じる。BMは最初にAssertを加えて判定検査をしました実は1つのセキュリティ機能を包んで操作することができて、私はこの脆弱性は変えにくいと思います。