ブロックチェーン自身は、一連の暗号学方法を使用して一個一個のデータブロックを生成する技術であり、元々は公(例えばビットコインなどの暗号化通貨が駆動しているもの)私(例えばHyperledger)の区別が存在しない。ICOの大ヒットとビットコインがこの前の暴騰が原因で、益々多くの人がトークンとブロックチェーンを混同した。実際、ブロックチェーンの中にこれらのトークン(tokens、currency)に頼って駆動されるネットワークだけではなく、マイニングに頼らないプライバシーチェーンもある。

どうしてブロックチェーンを使用するのか?

有効:

例えば、アメリカ西部から中国へ送金した時に、アメリカで振込みを発起してから中国の口座が入金するまで一日以上の時間が掛かる、たとえバイトがアメリカから中国まで光速で光ファイバーの中で伝播されているにも関わらず。

費用が低い:

 再度海外送金を例として、この間国内の口座に送金、費用が五十ドルだった。しかしビットコインニットワークでは、最も渋滞している時に振り込んだとしても、一番高かった時でも十六ドル前後しかなかった。

 今のところは旅行小切手、電子送金、ウェストタンユニオン送金であっても、無料或いは超低費用の振込みが実現できるサービスがない。

攻撃されにくい:

 理論的には、一つのブロックチェーンネットワークの上に、全てのpeerが同時に撤退しない限り、該当ネットワークを止めることができない。実際はこれがほとんど不可能である、特にビットコインのようなマイニングの共有ネットワークの中では尚更である。そして銀行ネットワークの中で、クライアントから銀行サーバーまで、銀行サーバーの間に、あらゆる環節にさえ問題があれば、振込みが失敗する。

変化がない:

 全ての記録は増えるだけで、減ることも変わることもない。同時にブロックチェーンネットワークの記録に遡及可能性を与えた。

どんな時に共有チェーンを使用してはいけないのか?

1.      第三者或いは関係者以外に記録が見られたくない場合。

2.      電気を消耗したくない場合。

3.      ネットワークの加入者に加入条件を設置したい場合。

 ビットコインを例として、全てのpeerはネットワークの中で何れも公平であり、全ての人が何れも全ての記録にアクセスできる。しかし現実世界では、たくさんの時に、記録は隠されて、或いはアクセスが制限されている。カップルの間の手紙が親に見られたくないのと同じように、非上場企業の内部取り引きも公衆に暴露されたくない。

 それから、ビットコインんであろうが、それともその他の代替トークンであろうが、ほとんど全部がエネルギー消耗の問題が存在する。統計によると、ビットコインマイニングの年間電気消耗量はすでにイラクを超えている。トークン価値が高いレベルにあるので、マイナーとしては長期的に利益を得ているが、こんなに高いエネルギー消耗を使って一つのバーチャル通貨ネットワークを維持するのは、どうやら採算が合わない気がする。

 ビットコインのネットワークの中で、全ての人がCPU/GPU/マイニングマシンを開いてマイニングして、ネットワークの一員になれる、しかしビジネス環境では、会社間の取引ネットワークの中で、優勢を保つ為に、通常はお互い競争相手に情報を隠そうとしている。

 そしてプライバシーチェーンはまさしくこれらの問題を解決するために設計されたものであり、ブロックチェーン技術のメリット(一致性、分散式、完全性)を保った上、Hyperledger Fabricを例として、情報のアクセスを制限することができる;マイニングアルゴリズムに頼らず、巨大な電力を投入する必要もなく;同時に、ネットワークがプライバシーであるため、誰でも加入できるわけではない。