Japan Timesによると、日本税務署の発表によると、2017年に300社以上のデジタル通貨の収入が90万ドルを超え、2016年の税務機関では、デジタル通貨の収入が雑収入と見なされています。印税と有料演説を含めて、その税率は最大55%で、最低5%となっています。デジタル通貨税の項目を加えたことによって、雑収入が2016年に比べて50 %上昇した。しかし、政府の新たな税収の純収入は900万ドルで、多くの人は多くのデジタル通貨の投資家がそのデジタル通貨の収入を報告していないと思われる。