株式会社デジタルガレージの子会社であり、ブロックチェーン金融サービス事業を展開する株式会社クリプトガレージ(Crypto Garage)は21日、仮想通貨決済における実証実験を開始することを発表した。クリプトガレージは先日に「サンドボックス制度」に認定されたばかりだ。


クリプトガレージが実証実験開始 市場の活性化狙う

クリプトガレージが今回実証実験を行うのは、ブロックチェーン開発企業ブロックストリームが提供するサイドチェーンの決済ネットワーク「Liquid Network」上での取引。ビットコインに裏付されたトークン(L-BTC)と円建てのトークン(JPY-Token)を発行、「アトミックスワップ」という技術を用いることにより「Liquid Network上のL-BTCとJPY-Tokenをリアルタイムで同時決済可能」にするとのことだ。これにより、信用のない2者間で第3者を介さず、かつカウンターパーティーリスクを排除した取引が実現するという。この実証実験には国内の仮想通貨交換業者3~5社が参加、期間は19年1月21日から20年1月20日までの1年間とのこと。Liquid Networkは、ブロックストリームが昨年9月に立ち上げたビットコインのサイドチェーン。昨年10月の発表時点で、国内からBitbank、BTCBOX、Zaifが参加している。また、クリプトガレージはLiquid Network上のアプリ開発を目的としたプロダクト「SETTLENET(セトルネット)」も利用し「資金洗浄に代表される不正取引の捕捉等、規制当局が取引内容を必要に応じて検証できる仕組みも提供」するとのこと。この実証実験が成功すれば、「仮想通貨市場の健全な発展に貢献する」と述べている。


政府公認「サンドボックス制度」の対象に

日経新聞は18日、政府が「新技術等実証制度(サンドボックス制度)」の対象にクリプトガレージを認可したと報道。通称「サンドボックス制度」と呼ばれるこの規制は、新しい技術やビジネスモデルを用いた事業活動を促進するため、実証実験などにおいて現行の規制の対象外になる制度だ。サンドボックス制度はこれまでパナソニック株式会社と、デジタルヘルスベンチャーMICIN社の2社が認定を受けている。クリプトガレージは認定3社目となり、金融およびフィンテック分野では初の事例となる。


参照元:クリプトガレージプレスリリース https://www.garage.co.jp/ja/pr/2019/01/20190121-1.html