澎湃財経のニュースによると、5月31日、京東金融研究所、中国人民大学金融技術とインター ネット セキュリティ研究センター、中国刑事警察学院は『デジタル金融不正防止白書』を共同発表したという。京東金融サプライ チェーン金融事業部、クレジット ・ リスク管理部責任者の王越国氏は、詐欺問題を解決するためにブロックのチェーンを利用すること、最も典型的な例は財務諸表ですと述べた。現在財務諸表は年間または四半期ごとに記録されている。年間ごとに発表さえたのは様々複雑な過程を経て抽象化したものだが、ブロック チェーンの手段を使用したら、多くの下層にトレースが残り、改ざんすることができない。それに関連した時間の印記もあるので、詐欺防止の作業には多数のデータ基盤を提供できる。