今の世界では、人々が「高給取りの仕事」を討論する時に、必ず「ブロックチェーンエンジニア」という言葉が出て来る。

 ブロックチェーンの将来はすでに基本的なコンセンサスになっていると考えている専門化がいる。ブロックチェーンが発展する勢いで、たくさんの機構と個人は相次いでこの領域に入ろうと力を入れている。色んなブロックチェーン企業、ブロックチェーンメディアプラットフォームが絶えず登場した。一方、ブロックチェーンのブームが齎した主要問題こそは、関連専門人材の巨大な需要量である。

 近日、アメリカSmartFestoブロックチェーン研究員のJasmineが取材を受けた時に、ブロックチェーンの特許は中国からの申請者が最も多いのだが、その内ベース技術のプログラミングができるのが少ない。中国にはたくさんの大多々IT、インターネット企業があるが、エンジニアの全体基数がまだまだ足りないと明言した。

 また、近日のBOSS求職が発表した「2018繁忙期人材傾向報告」によると、2017年下半期から、国内企業がブロックチェーン関連の求人需要が快速に生長しており、業界全体が頭を抱えているのは、現在国内ではブロックチェーンの技術人材が深刻に不足している。データによると、2月現在、国内専門ブロックチェーン技術人材の供給と需要の比率はわずか0.15しかない。

 人材に対する高度な需要はブロックチェーンエンジニアの高給与の職業を誕生させた。

 経済上の優勢以外、「ブロックチェーンエンジニア」の肩書きで、異性にももてもてで、運命の出会いができる。

 でも「世の中にただ飯がない」ということが場あるが、努力もせずにリターンがあるわけがない。仕事をうまくこなせるには、それなりの技術がないといけない。ブロックチェーンエンジニアになろうと思えば、まずこの所得が高い職業にはどんな素質が必要なのかが分からないといけない。

ブロックチェーンエンジニアのソフト実力

1、新しい考え方

 ブロックチェーンは新興領域であるので、ブロックチェーンエンジニアには素早い学習能力と、新しい物事に馴染む能力がないといけない。「効率、拡張可能、分散式計算を重要視した」全く新しい思惟モードを採取することが非常に重要である。これは伝統的にプログラマーに対する要求とは異なり、ブロックチェーンエンジニアがやらないといけないのは、単なるもう一種類のプログラミング式を学習するだけではない。

2、ある程度の経済学基礎

 優秀なブロックチェーンエンジニアは、プログラムの技能を身につけるだけではなく、ブロックチェーンエンジニアリングの経済学理論も努力して勉強しないといけない。つまり、二本の足で歩くということである。例えば激励、供給と需要及びチャンスコストなどの概念は耳にタコが出るくらい聞いているが、ブロックチェーンの開発環境ではこれらの概念を理解するのは、良好な開発を実現する必要な前提である。ブロックチェーン領域に進出している人たちの内心活動が分かって、彼らの行為の背後の駆動力を理解しないと、目的があってプログラミングをやり遂げない。なのでもしブロックチェーンのエンジニアになりたければ、初級の経済学科、ソフトウェア開発者、データの鬼才と監査士の混合体にならないといけない。

3、問題を解決する能力を迅速に養成する

 ブロックチェーン業界の変化及び技術の発展は迅速である、なのでブロックチェーン業界の従業者、つまりあなたたちのような将来のエンジニアたちは、強力な情報を発見、判断、統合と処理する能力及び迅速に問題を解決する能力が必要となる。この業界の将来の発展傾向に対する機敏な感知力を養成して、自分がこの領域の最新知識に対する掌握程度を高め、この急速に更新するプラットフォームに引き離されないようにしないといけない。

ブロックチェーンエンジニアのハード実力

1、基礎レベル、「コード農民」になる

ブロックチェーンエンジニアになろうと思えば、まずある程度のコンピュータプログラミングの基礎が必要、少なくとも一つの言語のプログラミング経験がないといけない。もしすでにgo或いはc++言語が把握しているなら、エテリアム或いはビットコインのようなクラシックなブロックチェーン技術を勉強する時にもっと優勢がある。その理由、メインチェーン開発の主要言語はgo言語、c++、javaなどがある、例えばビットコインの最も主要な開発言語はC++、エテリアムとHyperledgerの主要開発言語は何れもgoである。既存のメインチェーンの技術方案の中で、go言語の最も多く応用されている、もちろん例えばrustなどの新しい言語を採用している新しいチェーンもある。

 それから、ブロックチェーン技術において、高等数学、近代代数、離散数学、グラフ理論などの数学基礎、及びコンピュータ組成、コンパイル原理、コンピュータネットワーク、データ構造、オペレーションシステム、アルゴリズム、設計モデルとネットワークセキュリティなどのコンピュータ基礎も掌握しないといけない。

2、ステップアップして学習し、ブロックチェーンに近づける

 ブロックチェーンエンジニアには分散式コンセンサス、分散式ネットワーク、アプリケーション暗号学、暗号化アルゴリズム、バーチャルマシン/コンパイル原理などの経験が必要である。データの安全を保証するために暗号学の知識を勉強する必要がある;情報伝送の為にP2Pネットワークを勉強しないといけない;分散式のノードを一致させるためにコンセンサスアルゴリズムを勉強し、ブロック中のデータをストアするために特定のデータストア構造を勉強しないといけないなど。とにかく、ブロックチェーンの中の暗号化アルゴリズム、P2Pネットワークプロトコル、スマート契約、コンセンサスアルゴリズム、権限レベル、取引効率、プライバシー保護、アプリケーション端末などの内容、及び現在の技術の局限性を把握しないといけない。それから分散式システム構造と分散式ストア(LevelDB、CouchDBのようなNoSQLストア)の関連原理を熟知し、ブロックチェーンを理解し、エテリアム、ブロックプロヂューサー(ハイパーリーダー特にFabric、composerとcello)などのベース技術と原理などを掌握しないといけない。

将来が期待できる

 ブロックチェーン技術はスチームエンジン、電力、インターネットの後に次ぐ転覆性に述べー署ンであると言われている。もしスチームエンジンと電力が生産力を解放して、インターネットが情報伝送の方式を買えたと言うなら、ブロックチェーンは信用を構築するマシンとして、価値の伝送方式を変えるかもしれない。

 現在多くの業界はブロックチェーン技術を使用している。基本的に全ての業務、取引とさえ関係があって、協議が必要なのは、何れもブロックチェーン技術が必要である。ブロックチェーン技術はこれらの取引に対して確認ができて、価値の移転もできる。ブロックチェーン技術の発展は一つの傾向であるので、ブロックチェーン技術の人材にも輝かしい将来があると意味する。

 なので、もしブロックチェーン技術圏に身を捧げる夢があれば、今から努力しよう。何せよ夢を実現する第一歩は、目を覚めることである。