ヤフージャパンは今週金曜日で、すでに日本暗号化通貨取引所BitArg Exchange Tokyoの一部の株式買収を正式に完成した。

 この前の報道では、ヤフージャパンは傘下の為替取引プラットフォームYJFXを通じてBitArg取引所に対して投資する予定だと発表したが、最終結果から見ると、今回の投資側はヤフージャパンの100%子会社のZ Corporationであると確認された。ヤフージャパンが発表した声明によると、彼らは今回該当取引所の40%の株式を買収し、取引の価値は約20~30億円(約1,860~2,700万ドル)である。また、ヤフージャパンは今年の秋にBitArg Exchange Tokyoの業務運営をスタートする見込み。

 ヤフージャパンは、

 「ヤフーグループのサービス操作とプロのセキュリティサポートを通じて、我々はBitArgo Exchange Tokyo取引所の運営にサポートし、暗号化通貨の取引者に使用が便利で安全なサービスを提供する。」と明らかにした。

 今回の買収に関する噂は最初三月に流された、当時ヤフージャパンは為替取引プラットフォームYJFXを通じてこの取引を完成すると披露した。

 日本は300万以上の暗号化通貨取引者がある国であり、この前まではKYCプログラムの不具合により、日本金融庁はEternal LinkとFSHO二社の暗号化通貨取引所の業務運営を一時停止すると発表したばっかり。

 今月でもう一つの注目すべき暗号化通貨取引所の買収は、Monex Groupが発表したCoinCheckに対する買収である、後者は今年の年初にハッカーに攻撃され、深刻な損失を受けた。