7月20日、ブラジルの大統領候補者(Marina Silva)は、その選挙活動のための募金サイトを発表した。このサイトは、1つのブロックチェーンを使って寄付を記録した。南米の大統領候補は初めて集団調達メカニズムを通じて寄付を申し入れた。ウェブサイトで発表された情報によると、このプラットフォームは、選挙の腐敗運動(MCCE)とAppCívico会社の提案のもとに作成されたもので、フリーソフトウェアや分布式帳簿技術(DLT)を使って、より透明な活動目標を実現し、コストを低減し、多くの民衆に参加させることを決めた。