中国新聞週刊報道によると、雄安新区管理委員会の開発局長は、世界をリードをデジタル都市を建設し、ITが雄安の支柱産業になる可能性があるという。その中で、ソフトウェア産業は非常に幅広く、人工知能が各分野に浸透し、ソフトサービス会社、チップ会社などを、雄安は一切拒否しない。雄安は全ての業種がそろった産業チェーンにしたい。雄安という場所をブロックチェーンの技術における他の地域に先駆けたテストモデルとしたい。