3月10日のトークンスワップの開始から、IOSTメインネットトークン・スワップをサポートする主要な取引所は、自動的にERC-20からIOSTメインネットトークンへの交換ができます。さらに、発表された一連のDappがリリースされ、200近いIOSTグローバルパートナー、IOST iWalletのリリース、DAppsからのさまざまな貢献により、IOSTは多くのユーザーを引き付けるために、完全なIOSTエコシステムとして形づくられてきています。

ここで、IOST用のiWallet Chrome拡張機能を開発に貢献したLucasに、感謝致します。

この記事は、IOSTユーザーがIOSTブロックチェーンについてのA〜Z、およびIOST Dappを簡単に利用する方法を理解するのに役立つように書かれています。コミュニティからの”よくある”質問をまとめ、以下の質問に答えました。この記事が、ブロックチェーンテクノロジと、IOSTエコシステムの運用についての知識を提供してくれることを願っています。


1. IOSTメインネットのリソースは何ですか?

ブロックチェーン分野の初期のプロジェクトから学び、IOSTはメインネットリソースの分類、割り当て、および使用のための、さらなるユーザーフレンドリーで公平なシステムを設計しました。

IOSTの主要ネットワークリソースは、(a)iGASと(b)iRAMに分けられます。

この分類を式で表すと、パブリックチェーン上のシステムリソースの計算は次のようになります:

システムリソース= NET(帯域幅)+ CPU(計算能力)+ RAM(メモリ)

そしてIOSTメインネットでは:

iGAS = NET(帯域幅)+ CPU(計算能力)

2. iGASとは何ですか?

iGASは、IOSTメインネットでトランザクションを生成させたときに支払われるトランザクションの手数料です。

3. iGASはどのように入手できますか?

IOSTをステーク(デポジット)してiGASを手に入れることができます。 iGASが不要になった場合は、ステーク(デポジット)したときのIOST額で引き換えることができます。

1 IOSTを使って、1日に100,000のiGASを取得できます。1 IOSTをステーク(デポジット)するたびに、すぐに100,000のiGASを受け取れます、そして100,000のiGASが同じ日にそして以降に毎日生成されます。

iGASの各ユーザーへの上限は、ステーク(デポジット)されたIOST額の30万倍です(つまり、2日で上限まで生成されます)。 iGASが30万倍に満たない場合、iGASは引き続き上限まで生成されます。

4. IOST メインネットでトランザクションを生成するとき、どのくらいのiGASが消費されますか?

ユーザーがより多くのiGASを支払うと、トランザクションの処理は速くなります。トランザクションが発生するごとに、システムはまずアカウントで利用可能なiGASの数を計算し、この金額を使ってトランザクション手数料を支払います。トランザクションを急いで処理をする必要がないときは、通常のユーザーはデフォルト値を使うことができます。

計算式は次のとおりです:

iGASの量= CGas(Command Gas)消費量*コマンド数* Gas rate

5. iGASの使用はIOSTエコシステムのユーザーにどのような利益がありますか?

IOSTをステーク(デポジット)することによってのみiGASを手に入れます、トークンを支払う必要なありません。ユーザーのために無料でIOSTに参加できます。

iGASを計算するこの方法は、大口のウォレットを持った人が大量のIOSTを使って大量のシステムリソースを独占し、これらのリソースをアイドル状態にするという問題を回避します。そのため、このiGAS計算メカニズムは、一般ユーザーにとって平等な競争環境を確保し、システムリソースの利用効率も大幅に向上させます。

6. iRAMとは何ですか?

iRAMを使用してIOSTストレージリソースを受け取ることができます。 iRAMはDApp開発において重要な役割を果たしています。

IOSTのiRAM計算はBancorアルゴリズムを使用しています。 iRAMリソースは限られており、一度しか交換できません。 iRAMシステムの初期制限は128Gです。ユーザーはiRAMをシステムへの売買で2%の手数料が必要です。この手数料はバーン(消滅)されれます。iRAMは、システムコントラクトを呼ぶときにも使用することができます。

7. iRAMを入手するにはどうすればよいですか。

システムからiRAMを購入するか、他のユーザーにiRAMを渡すことができます。ユーザーに与えられたiRAMは、システムに売ったり、他のユーザーに再度転送することもできません。

IOSTシステムリソースの運用メカニズムを理解することは大切です。 IOST Dappsの優れたユーザーエクスペリエンスは、IOSTにとって最優先事項です。この目的を達成するために、トランザクションコスト、トランザクションの速度、分散化など、他のパブリックチェーンプロジェクトが抱えている問題点を具体的に解決するため、IOSTは開発されました。

IOSTは、ETH、EOS、そしてTronの次の最も実用的なDAppプラットフォームであるという約束を果たします。



MEET IOSTより引用

本記事に関する引用元:

https://medium.com/@meetiost/igas-%E3%81%A8%E3%81%AF-iram-%E3%81%A8%E3%81%AF-%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB-iost-%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AB%E6%B4%BB%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-64a7372ba2c5