日経新聞によると、1月15日から3月31日まで、富士通は宮古島市の約20社の従業員約200人に対し、健康検証に関するテストを行います。このテストシステムは、ブロックチェーン技術を使用して関連データを管理し、個人情報保護と改竄防止を目指している。