チェーン ネット5月17 日のレポートでは、インターネット金融安全技術専門家委員会は今日、インターネット金融安全技術専門家委員会が、仮想通貨の落とし穴の報告を発表した。組織または個人のコントロールパネルから三つの疑いが生じるため自由な取引ができません。偽造通貨の主なリスクは、(1)不法集金などの不正行為がある。偽造された仮想通貨は何の価値もありません。人の気を引いたり、高額な利回りを謳ったりするパターンで運営される。(2)高度のリスクが存在するこのようなプラットフォームは開発能力と技術がなく、運営が滞る確率が高い。(3)被害者の信頼を得ることは困難である。このようなプラットフォームは多くの経営場所や商工情報がなく、サーバーが海外に配置されているため、被害者は権利を守ることが困難。