今日、日本の金融庁による第4次仮想通貨取引所のシンポジウムが開かれ、会議資料を発表しました。発表した資料によると、MIT Media Labは、暗号化金融の将来の展望に対し、公共規制に挑戦し、仮想通貨金融についての法律を更新し、投資家の保護を前提に、既存のICOと取引所のために提案を提出した。報告とその規則性、多くの中心化取引所の不法な活動を停止し、技術開発の発展の点で一致しています。