この言葉から、我々はワンチェーンの三大特徴が見られて抽出できる:プライバシーの保護+クロスボーダー+スマート契約

 まず「クロスボーダー」を解釈しよう

 なぜ「クロスボーダー」技術が必要なのか?例を挙げると、Aさんは手元にある一枚のビットコインをエテリアムコインに両替しようと思えば、彼はアメリカの取引所Coinbaseに行ってこの両替を完成する必要があり、まずビットコインを保存して、取引所の斡旋でエテリアムに変えないといけない。直接ビットコイン或いはエテリアムのネットワークでこのプロセスが完成できない;この全体のプロセスは完全に取引所の中心化操作に頼り、安全リスクと効率問題が存在する。

 そして「クロスボーダー」技術は簡単に言えば、色んなブロックチェーンネットワークを全部つなげて、データと取引が信用の必要がない方式で一つのブロックチェーンから自由にもう一つのブロックチェーンネットワークに流れ込むようにサポートし、そうすることによって違うブロックチェーンネットワークにある資産/価値がお互い両替し、移転することができるようになる。皆さんが理解しやい為に、ブロックチェーン業界のスターcouple——Alice とBobに登場してもらい、手本を見せてもらう。

 AliceとBobはそれぞれエテリアムとワンチェーンにアカウントがあり、それからAliceはBobに10個のエテリアムコインを振り込もうとしている。すると、Aliceはまずワンチェーンウィレットを使用してクロスボーダー取引の請求を発送し、同時にエテリアムで振込みの取引を発起し、その受取人はワンチェーンがエテリアムにあるクロスボーダーロックアカウントである。それからワンチェーンノードがクロスボーダー取引の請求が届き、同時にエテリアムにあるこの取引がすでに記帳が完成していると認証して、次いではワンチェーンに新しいスマート契約トークン資産エテリアムコインを作成する、エテリアムコインはAliceがクロスボーダーで移転する必要があるエテリアムコインがワンチェーンにおける代表であり、それを資産チェーンからBobがワンチェーンにあるアカウントに移転する。

 では、もし次はBobがこのお金を第三者、Crisのエテリアムアカウントに移したければ、そのプロセスがもっと理解しやすい:Bobがワンチェーンを使用してエテリアム資産契約に一個のクロスボーダーチェーン取引を発起する。その後、認証ノードに取引が届き、Bobのこの資産に対応する10個のエテリアムをロック状態に切り替える。ロックが完成した後、認証ノードはゲートプライバシーキー共有メカニズムを利用してエテリアム取引を築き、取引の振込み側はこの前ロックしたAlice資産のクロスボーダーのロックアカウントであり、受取側はCrisがエテリアムにあるアカウントである;認証ノードがエテリアムにある取引確認を認証した後、Bobアカウントがロックされている10etherをクリアにする、等価の資産がすでに元々のチェーンに戻ったことを意味する。

 と言うことで、クロスボーダー取引のプロセスは、ロックアカウントメカニズムとゲートプライバシーキー共有技術を通じて、完全脱中心化を実現、第三者機構を導入して取引のプロセスに導入する必要がなく、しかも元々のチェーンのメカニズムを変更しなくてもよく、ドッキングのハードルが低い。

 ここで「ゲートプライバシーキー共有メカニズム」に対して解釈しよう:これはプライバシーキーに対する安全管理技術である。N個の利益体が共同で一つのアカウントを管理する時に、プライバシーキーがn部に分けられて全員の参与者に配られ、参与者全員に一つのキーシェア(Key Share)を持ち、k個以上のキーシェアを集めないと、プライバシーキーを復旧することができない。この技術を利用して、ワンチェーンが設計したクロスボーダーロックアカウントキーがワンチェーンにある複数のロックアカウント管理ノード(Storeman)により共同で管理と維持し、アカウントの安全性、信頼性を保証し、プライバシーキーが紛失するリスクを下げた。

 ワンチェーンの重点である「クロスボーダー」を解釈してから、次はそれが如何にプライバシーの保護を行うのかを話そう。これは使い伝のアカウントシステムとリングサイン方案に基づくものである。