Segwit2xはパンクした

 Segwit2xは双方の利益を兼ねた妥協方案として、達成された後に大いに期待された。しかし、集団の分裂の促進或いは集団の統一を維持する根本は技術ではなくて、人の心である。Segwit2xはマイナーに権利を与え、coreの利益と訴求にも満足した協議ではあるが、この協議はあくまでもcoreチームが現場にいなかった一方的な協議であった。Coreチームは根本からブロック容量拡張方案を反対し、1Mの元主旨主義であるので、彼らはもう一つの協議を提案して、2mまで拡張する硬性分岐を認めない可能性が大いにある。しかも、2Mのブロック容量でも何れは使い尽くされるから、数年後にまた拡張、交渉、水掛になる…

 当然、ストーリーはこの予想で発展していない。Segwit2x方案に基づくと、ビットコインは2017年11月17日の夜に494,784ブロックに達成した時に硬性分岐をスタートし、ビットコイン分岐トークンB2Xを生成する予定であった。しかし大量な2Xノードが494,782に行き止まり、494,783個目のブロックがどうしても登場しなかった。18日の朝一時過ぎ、OKExは声明を発表して、Segwit2x硬性分岐の失敗を明らかにした。その後の検査で、失敗の原因は2Xコードベースにいくつかの単純なBUGがあったと見つけられた。こんなに期待されて、多方面に妥協してもらった方案がこのような方式で死亡するとは誰も予想できなかった、coreチームに大きな笑い種を送った。

新しい「ニラ刈り」法

 Segwit2xが失敗したが、コミュニティは全部core方案に戻らず、「分岐」と言う鬼を放出した。もちろん、分岐を作った者はエテリアムのだが、ビットコインはそのリーダの地位の為に分岐の影響を極めて大きく拡大した、或いは新しい「ニラ刈り」のブームをスタートした。一部のチームはオリジナルビットコインのコードを変更すれば、新しいブロックチェーンと新しいバーチャル通貨を分岐できる。

 前文で説明したBitcoin Unlimited(BU)チームはBIP141とBIP148方案提案し、segweiを破棄して、直接ブロックの容量を8Mに上げて、BCUを硬性分岐し、それからBitcoin Cashと名前を変更した、略称BCC。その後BCCはもう一つのコテージトークンに模倣されて、BCHと改名した。また「ビットコインダイヤモンド/BCD」、「ビットコインゴールド/BitcoinGold」などの一連のコテージトークンが現われた。