金色財経は6月2日、中国のブロックチェーン技術革新発展フォーラムで、中科院自動化所の元副所長の王躍長が「ブロックチェーンの本質と意義:現状と展望」についての講演をテーマにした。認識と経済のインセンティブなどの手段は、ノードが相互に信頼する必要がない分散システムの中で、P2P取引、協調と協力を実現することによって、中心化機構が普遍的に存在する高コスト、低効率、データ記憶障害などの問題を解決するために解決策を提供している。ブロックチェーンは、将来の新しい世代の基礎技術として、その応用範囲は、デジタル仮想通貨を超えて金融、経済、科学技術などその他の分野に延びていく。