金融庁の第3回会合の報告書では、仮想通貨の問題についてですが、支払手段においていくつかの側面で具体化される: 変動率、支払い、価格の不安定性、スケーラビリティ、および値、消費者保護に対処する能力の欠如です。既存決済方法の手段としても保証されません、権利関係、および実装があいまいな 、マネー ・ ローンダ リング資金など供給リスクなどがあります。