Cointelegraphが引用したイギリスファイナンシャルタイムズの報道によると、ブロック チェーン研究会社Chainalysisのデータによると、長期投資家のビットコイン保有数が短期投資家のビットコイン保有数とほぼ同じであるという。2017年12月以来、デイトレーダーのビットコイン保有数は510万bitcoinに上昇し、ほぼ長期投資家(1 年以上保有) の保有数 (約 600 万 bitcoin)に相等し、ビットコインの「流動性事件」として知られている。 さらに、ビットコインの取引量は価格と共に下落し、昨年12月毎日40億米ドルに近づいたことから現在毎日10億米ドルまで下落した。Chainalysis社のチーフ ・ エコノミストフィリップ・グラドル氏は流動性の突然の上昇がビットコイン最近の価格の下落の背景にある「根本的な動力」であると考えている。