ビットコインキャッシュ

 ビットコインキャッシュは2017年8月にSegwitに先立ってビットコインオリジナルチェーンでアクティブされた新しい通貨である。

 軟性分岐/UASF非伝統メカニズム(硬性分岐)を通じてSegwitをアクティブするのはビットコインの技術変化を代表する。それに対して、たくさんのビットコイン支持者は核心開発チームがビットコインを正確な発展方向へ導いていないと思っている。Segwitはビットコインにとって受け入れにくい技術変化でありので、彼らはごく一部(10%)のハッシュ計算力を利用して原始pre-Segwitアクティブコードベースの分岐を作成した、それをビットコインキャッシュと呼ぶ。

 ビットコインキャッシュ及びその背後の人物をめぐって、たくさんの不実な言論が現われた。実際、たくさんのチームが核心チームが創造したビットコインに挑戦した(Bitcoin Classic、Bitcoin Unlimited、Bitcoin ABCなど)。最後、どうやら彼らが連合して、ビットコインを共同で創造した。そのうちにビットコインの主要開発者Gavin Andresenも含まれ、中本聡が引退する時に、ビットコインの支配権を彼に任せた。Gavinは長年以来ずっとビッグブロックの唱道者であるが、ビットコインの中でこの計画を実現したことがない。

 2017年8月に硬性分岐が現れた時に発生した根本的な変化は:

    ブロックチェーン容量が8MB(1mbから)へ増加し、しかもsegwitをアクティブしなかった。

    難度調整アルゴリズム(DAA)の変化。それのハッシュ計算力が小さいので、緊急難度調整(EDA)を行う必要がある。これは2017年11月に現われたビットコインキャッシュ硬性分岐の時にまた変化が発生し、しかもDAAが持って安定していた。2,100万トークンという最大限度は変わっていないが、DAAが現われる前の過渡期に、ビットコインキャッシュのマイナーは100k以上のトークンを発掘した。これはビットコインキャッシュが半減する時はビットコインより二ヶ月前に来るのを意味する。

    ビットコインキャッシュから費用代替法(RBF)を削除する。