注:以下は 2018 年 1 月 15 日 CoinMarketCap 仮想通貨の時価総額ランキングよって作成した内容である。

01. ビットコイン/ Bitcoin / BTC

—-P2P、分散化の暗号通貨

Bitcoin (ビットコイン)の概念は、中本聡(身分不詳)が 2009 年 1 月 3 日に論文が発表されたもので、P2P、分散化、全グローバル共通、非排他、第三者不要、ブロックチェーンを決済技術とした暗号通貨である。ビットコインは中央銀行などの中央機関を介さず、POWコンセンサスによってブロックチェーンの中で実現する。つまり、「マイニング」によって構築されたビットコインは、P2Pネットワークノードの分散式データベースで、通貨のトランザクションを確認、検証、記録することが出来る。 ビットコインは全部で 2100万枚まで発行されて、  2140 年(編集者注:2040年ともいわれている)にすべて発行済みになる予定である。現在、市場の流通量が80%を超えている。


02. イーサリアル/ Ethereum / イーサ/ Ether / ETH

——次世代のスマートコントラクトと分散化のアプリケーション プラットフォーム

Ethereum (イーサリアル)は、オープン、チューリング、スマートコントラクトのパブリックチェーンである。ブロック台帳に基づいて、コントラクトを処理、実行する。また、オープンリソースとなっており誰でもコントラクト、自律分散型アプリケーションを作成することが可能であり、その中に所有権規則、取引方式とステータス変換関数を定義することができる。Ethereum はVitalik Buterin (ニックネームは「V 神様」)によって作られ、  2014年7月にICOを行い。その段階でEther (イーサ)という暗号通貨を命名した。


03. リップル/ Ripple / XRP

——P2Pの分散化の資産移転のネットワーク

リップルは分散化された資産移転のネットワークである。金融機関とユーザの間で、資産移転と信頼問題を解決するために、使われるものである。XRP (リップル)は Ripple ネットワークで流通されている基本的な通貨であり、だれでも Rippleのアカウントを作成し、 Rippleの決済ネットワークを通して、ドル、ユーロ、人民元、日本円、ビットコインなど任意の通貨を振り替えることができる。 トランザクションの確認は、数秒以内に終了し、取引費用はほとんど掛からないようになっている。リップルの最大の発行量が1000 億枚で、トランザクション数によって徐々に減少することになる。リップルの運用会社は  Ripple Labsである。その前身は、OpenCoinである。


04. ビットコインキャッシュ/ Bitcoin Cash / BCH

——ビットコインからの比較的大規模なフォークコインの一種

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)は、ハードフォークによって分岐されたものである。ビットコインキャッシュは、ビットコインのコードを修正した。ブロックサイズを8M に調整することで、拡張の問題を解決して、 Segwitを取り除いた(隔離された証明)。ビットコインキャッシュは、2017 年 8 月 1 日の UTC時間12:37に、ビットコインのブロックの高さ478558 からフォークを開始した。


05. ライトコイン/ Litecoin / LTC

——第一世代のアルトコインの一つ 

Litecoin(ライトコイン)は最初のアルトコインの一つである。 2011 年、ビットコインから派生したものであり、技術的にも同じところがある。革新的なところは二つがある。一つは ScryptをPOWアルゴリズム(仕事量による証明)とし、ライトコインを普通のコンピュータ上でもっとマイニングしやすくなった。もう一つは、ライトコインネットワークでおよそ、 2.5 分間ごとに一つのブロックを処理できる。これにより、ライトコインネットワークでのトランザクション確認の速度がより速くなった。2017 年 6 月、ライトコインのライトニングネットワークが本番稼動することになった。 


06. カルダノ/ Cardano/エイダコイン/ ADA

——初の研究を中心とするオープンなブロック技術プラットフォームである。

Cardano (カルダノ)は、世界で初めての公平、安全、完全に透明性があり盗視不可で、オープンの分散型ゲームプラットフォームである。事業者に支配されていない民主的なプラットフォームである。階層的で且つ暗号通貨(ビットコイン、ライトコインなど)とスマートコントラクト(イーサリアム、EOS)を統合したブロックチェーンエコシステムを構築することは、目的である。カルダノは独立した SDKシステムを介して、個人技術者がゲーム開発に参加することが可能となっている。ゲームを競争することで、ゲームの素数を高め、現在のカジノ、オンラインカジノの大部分の問題を解決できる。ADA(エイダコイン)は 2017年初に、公開されたCardanoプロジェクトの暗号通貨であり、デジタル資金を送受信するために使われる。カルダノの主要な通貨として、 Cardano のゲームに参与するには、エイダコインを持ち、且つ対戦でエイダコインを獲得しなければならない。Cardano プロジェクトは、2015年から開始しており、 Gerolamo Cardanoという名前からネーミングされた。Gerolamo Cardano は16 世紀、ミラノ生まれの数学者。 医者、占星術師、哲学者、賭博師でもあった。 三次 方程式の根の公式、四次方程式の解法を示した人物。 彼は数学者でありながら、自ら を賭博者と考えていた。 彼は、占星術で自らの死期を予言し、最後はその当日 に自殺 した。Adaは 19世紀イギリス貴族 Ada leveaという名前からネーミングされた。 Ada leveaは、人類史上初のプログラマと呼ばれている。


07. ステラ・ルーメンズ(ステラ)/ Stellar Lumens / XLM

——デジタルと法定通貨の間で伝送するための分散化のゲートウェイ

Stellar Lumens (ステラ・ルーメンズ)はeMule創業者とその前の Ripple創業者 Jed McCalebが管理意見の分岐で誕生した暗号通貨のプロジェクトである。 Rippleソースコードをベースに作ったステラネットワークにおける暗号通貨である。デジタル通貨と法定通貨の間で、分散化のゲートウェイを構築することで、デジタル資産を銀行、決済機構と個人の間で迅速 かつ信頼性の高い方法で、コストをほとんどかけずに資金を移動させることができる。ステラ・ルーメンズの供給量は、 1000億枚である。その中の95% は、無償配布に使われる。


08. ネオ/ NEO

——非営利のコミュニティ化のブロックチェーンプロジェクト

 NEO(ネオ(旧名))は、非営利のコミュニティ化のブロックチェーンプロジェクトである。ブロックチェーン技術とデジタル身分を利用してアセットをデジタル化にし、スマートコントラクトを利用してデジタルアセットを自動的に管理し、「スマート経済」を実現した分散型ネットワークである。NEOは2014 年、正式に立ち上げて、2015 年 6 月、 Githubでリアルタイムにオープンされた。NEOの総発行量は1億枚となっており、ジェネシスブロックの中で一括に作られた。タブルトーコンメカニズムを採用しており、もう一つのトークンは GAS (旧名はネト)である。


09. Enterprise Operation System / EOS

——次世代の拡張可能の商用 DAppsオペレーティングシステム

EOS は、ブロックチェーンのスマートコンセンサスに基づいたプラットフォームである。高機能、分散型のアプリケーションで、下部階層のブロックチェーンプラットフォームサービス、アカウント、身分認証、データベース、非同期通信など数が多い。 CPUやクラスタでのジョブスケジューラを提供することは目的である。EOS は分散型アプリケーションを支援するブロックチェーンフレームワーク、横方向と縦方向が高度的にモジュール化のブロックチェーンオプレティングシステムを目指しており、必要な機能と高処理能力を提供し、開発者に注意力を業務層に集中させるようになった。これにより、分散型アプリケーションの性能を高め、最終的に1秒間に数百万の取引を達成できるようになる。また、普通のユーザは、スマートコントラクトを実行するときに、使う費用を払う必要がない。


10. アイオータ/ Internet of Things Association / IOTA

——分散型IoT暗号通貨のプラットフォーム

IOTA(アイオータ)は、マシンとマシン(M2M)間のトランザクション問題を解決しており、IOTのインフラストラクチャー問題を解決するためのソリューションである。マシン間の取引手数料無しで決済を通じて、未来のM2M経済の青写真を描いた。新型の分散式台帳——Tangle に基づき、従来のブロックチェーン設計における低効率性を避けるようにし、0トランゼクション費用、無限拡張、データセキュリティ特性を有し、 任意のP2P取引決済の支柱となる。IOTAは現在、主に0手数料のマイクロ決済、安全なデータ移動、及びデータターゲットに使われており、優れた拡張性とブロック障害許容性を持っている。


11. ダッシュ/ Dash / DASH

——ビットコインに基づいたプライバシーを保護するための匿名通貨。

ダッシュは即時決済機能を支援しており、ユーザプライベートを保護することを目的とした暗号通貨である。ビットコインに基づき、独特の二階層ネットワーク構造であるため、より全面的にテストと更新ができる。ダッシュが独創した分散型ネットワークサーバーの「メインノード」を通じて匿名化を実現しており、取引を追跡できないようになっている。ユーザがダッシュを使って安全かつ即時に、決済することができる。業者は、店内に(ネットショップ、アプリケーション商店など)全世界のユーザに作られたオープンの決済プラットフォームを使用することが可能である。


12. ネオ(新経済運動)/ New Economy Movement / NEM / XEM

——ブロックチェーン技術に基づいた「新しい経済エンジン」

XEM (ネオ)は BitcoinTalk.orgフォーラムのUtopianFutureに作られたものである。 NXT (ネクスト)に啓発されて、NXTをベースにしてネオを作った。ネオは、2015年3月31日に開始され、Javaで書かれたP2P暗号通貨である。重要度証明(POI) アルゴリズムでブロックチェーン技術の新機能を導入した。ネオは、公平に株所有権を配分しており、所持する暗号通貨の数量やハッシュレートではなく、ノードがネットワークでの活躍度及び取引の対象によって配分する。


13. モネロ/ Monero / XMR

——  CryptoNoteに基づき、プライバシーを強化する匿名性の機能を持った暗号通貨

Monero(モネロ)は CryptoNoteプロトコルを採用しており、 2014年に作られたプライバシーを強化する匿名性の機能を持った暗号通貨である。ビットコインの設計欠陥を回避したので、モネロが匿名性、分散化、拡張性を高めた。プロトコル階層の  RingCT  (リング暗号技術)を採用して、モネロは現在、唯一の取引送信者、受信者、取引金額と取引IPを隠せる暗号通貨である。


14. リスク/ Lisk / LSK

——JS に基づいたの分散化のアプリケーションプラットフォーム

Lisk(リスク)は  JavaScriptに基づいた拡張性が高いパブリックチェーンである。

複雑なブロックチェーンのプログラミング言語を勉強する必要がなく、LiskプラットフォームでDAppsを書くことが可能である。開発者は、公式サイトから提供されるSDKを通じてJavaScript言語を使ってLiskプラットフォームに自分の DAppsを開発することが可能であるため、ブロックチェーンで素早く自分のアプリケーションを作ることができる。


15. イーサリアムクラシック/ Ethereum Classic / ETC

——「The DAO 事件」と呼ばれるハッキング事件が きっかけで分裂(ハードフォーク)した通貨

イーサリアムクラシックは「The DAO 事件」と呼ばれるハッキング事件を発端に、ハードフォークしたイーサリアムに対して、一部のコミニュティが中央管理的介入だと反発し、その一部の開発者によってハードフォーク以前のイーサリアムに拡張性の制限、セキュリティの向上そして、特色をそのまま残したのがイーサリアム・クラシックである。イーサリアムクラシックは「スマートコントラクトの特色をそのままに」、「ハードフォークを反対する人に多くの可能性を提供する」ということを目標としている。


16. トロン/ Tron /TRX

——ブロックチェーンに基づいた全世界の自由のコンテンツ・エンターテイメント体系

Tron (トロン)はブロックチェーンに基づいたオープンの、分散化のコンテンツ・エンターテイメントである。ブロックチェーンと分散式ストア技術を利用し、全世界の自由のコンテンツ・エンターテイメント体系を構築することを目指しており、ユーザに自由にデータを配布、格納、所有させるようにする。分散化した自治形式で、デジタル資産の発行、流通、取引方式によってコンテンツの配分、注文、配達を決定し、分散化のコンテンツ・エンターテイメント体系を形成する。


17. クアンタム/ Qtum / QTUM

——価値移転プロトコルと分散型アプリケーションプラットフォーム

Qtum  とは、モバイル端末向けに ビットコインの「UTXOベース」という特徴を活かしながら、イーサリアムの「スマート コントラクト」を実行することができる独自のブロックチェーンである。ブロックチェーン技術の活用範囲を広げており、 UTXO モデルに基づいた初めてのPoSスマートコントラクトプラットフォームである。クアンタムシステムでは、価値伝送プロトコルを通して価値の移転が可能であり、このプロトコルにより多くの分野(金融、IoT、サプライチェーン、ソーシャルゲームなど)をサポートできる分散型のアプリケーションプラットフォームを構築することができる。また、モバイル戦略によって、ブロックチェーン技術の製品化を促進し、ブロックチェーンを使いやすくようにして、普通のネットワークユーザにブロックチェーン技術の価値観を感じさせられる。


18. ヴェチェ-ン/ VeChain / VEN

——ブロックチェーンに基づいた全世界台帳型情報交換クラウド

VeChain (ヴェチェ-ン)は、ブロックチェーンに基づいた全世界台帳型情報交換クラウドである。ヴェチェ-ンはAPI を通してアプリケーション層と結合し、現実世界の人、事や物をデジタル化にし、情報間の相互接続を実現する。実际に応用したスマートコントラクトを通して、違う分野の間の協同と価値移転を実現する。これによって、現実のビジネス社会をブロックチェーンにマッピングする。VeChainは  Baas の形式で、企業のユーザへ商品アセット管理、トレーサビリティ、偽造防止検査、新型サプライチェーン管理などのサービスを提供する。


19. テザー/ Tether / USDT

——ビットコインブロックチェーンに基づいたデジタル化された法定通貨

USDT(テザー)は、有名な取引所Bitfinex が提唱し、多くの取引所がサポートする USDデジタル通貨である。銀行が実際に所有する法定通貨の量によって発行し、ドルなどの法定通貨と価格固定された仮想通貨である。USDT は、ビットコインブロックチェーンに基づいて、ユーザが全世界でビットコインのようにリアルタイムに格納、振込みすることが可能である。


20. ビットコインゴールド/ Bitcoin Gold / BTG

——GPU マイニングしやすいために、ビットコインから分裂した暗号通貨

Bitcoin Gold (ビットコインゴールド)は香港マイニング会社 Lightning ASIC が提唱し、2017 年 10 月、ブロック491406の高さで、分裂したものである。GPUマイニングしやすいために、マイニングアルゴリズムEquihashを変えることで誕生した新たな暗号通貨であり、ビットコインのトランザクション履歴をそのまま残している。総発行量が 2100万となっており、一般へのリリース前に、開発者やその他の参加者が10万枚のコインを受け取れるように設定されている。


21. ICON / ICX

——社会コミュニティ向けの分散型のパブリックチェーンプラットフォーム

ICON は韓国版イーサリアムと呼ばれている韓国発の仮想通貨である。社会と連携させることを目的として、韓国国内で、銀行、証券、保険、病院、大学、E-Commerceなど多様なコミュニティとつながっており、ブロックチェーンID、決済及び取引などの分散型アプリケーションサービスを使うことを目指している。


22. OmiseGO / OMG

——分散型の取引と決済のプラットフォーム

OmiseGOは、イーサリアム プラットフォーム上のオンライン決済サービスである。分散型取引、流動性供給メカニズム、決済情報ネットワークと資産支援が備えるブロックチェーンゲートウェイを構築し、容易に決済サービスが出来ること目標としている。OmiseGO は、協定トーコンメカニズムを用いて、PoSメカニズムブロックチェーンを作成する。これによって参与者の間でマーケット活動を行う。他の分散型取引のプラットフォームと違うのは、この分散式のネットワークは、信頼されるトークンがなくても、ブロックチェーン間で分散化の取引ができることである。東南アジアで73%の金融機関を利用できない人と27%の銀行機関を利用できる人を対象としている。


23. ジーキャッシュ/ Zcash / ZEC

——トラストレスの分散型取引と決済のサービス

Zcash (ジャーキャッシュ)は、初めてのゼロ知識証明を用いた透明性と匿名性のブロックチェーンシステムである。取引時にその情報を非公開で決済することが可能であり、パブリックチェーンで分散型のネットワークをメンテナンスすることができる。ビットコインと違うのは、Zcash は、自動的にブロックチェーン上の送信者、受信者と金額を隠しており、シークレットキーの所有者のみがトランザクションの内容を確認することができる。ユーザは完全にコントロールをもっており、他の人にシークレットキーを見せるかどうかを決定することができる。


24. ナノ/ Nano / (RaiBlocks) / XRB

——送金手数料0の分散型の暗号通貨

Nano(ナノ)はブロックチェーンのBlockLatticeに基づいた新型の暗号通貨である。各アカウントは、それぞれ自分のブロックチェーンを持っており、速い取引速度と無限の拡張可能性で、アカウントを非同期にネットワークの他の部分に更新することができる。これによって、低いコストで、素早く取引を確認することができる。取引履歴の中に、取引の金額ではなく、アカウントの残高が記録されるので、システムのセキュリティを犠牲しない前提でデータベースをトリミングすることができる。


25. Steemit / STEEM

——分散型のソーシャルメディアプラットフォーム

Steemit は分散型のソーシャルメディアプラットフォームである。Steemitはブロックチェーン技術を動力源に、新たな暗号通貨を利用し、記事や写真、コメンタリーなどをポストするユーザに対して報酬を支払うような仕組みを取っている。ユーザはアプラットフォームで記事、写真、コメントまたは投稿した後、アルゴリズムによって貢献した価値を決定し、Steemという暗号通貨が報酬として払われる。


26. バイナンスコイン/ Binance Coin / BNB

——バイナンスが発行している取引手数料が割引されるトークン

「Binance(バイナンス)」が発行しているERC20トークン(イーサリアムトークン)内の1つである。 Binance Coin(BNB)の発行上限枚数は2億BNBとなっており、全て発行されている。バイナンスコインは、バイナンスの取引手数料を割引することが可能である。また、定期的に買い戻すことでバイナンスコインの価値を高めることができる。


27. バイトコイン/ Bytecoin / BCN

—— CryptoNote 技術に基づいた匿名の暗号通貨

Bytecoin (バイトコイン)は、 2012 年 7 月に発表されており、初めて CryptoNote 技術に基づき、追跡不可、匿名性のソリューションを提供した暗号通貨である。ビットコインと同様に、SHA 256を使っている。1バイトが 8ビットに等しいため、バイトコインの総発行量はビットコインの8倍となっている。即ち、 1.68 億枚。


28. Populous / PPT

——ブロックチェーン技術を用いた請求書金融取引プラットフォーム

Populous はブロックチェーン技術を用いたグローバル P2Pインボイス金融取引プラットフォームである。XBRLデータで、信用評価と破産公式( Altman Z-score 技術を含み)を使って、潜在的なターゲットとする借金の人に対して信用リスクを分析することが出来ます。ブロックチェーンのトラストレス、透明性、安全性、速度とスマートコントラクトを融合しており、第三者に介在することなく、請求書の売り手、貸し手と直接、取引することができる。投資者と請求書の売り手がPopulousのブロックチェーン技術を用いて世界各地で大量の異なる請求書を取引することができる。また、Populous において、 K-means法を使って請求書や為替手形が必要となる借用人を探して、適切なソリューションを提供する。


29. Stratis / STRAT

——ビジネス向けのブロックチェーンアプリケーション開発ツール

Stratis は簡潔化、柔軟且つカスタマイズできるブロックチェーン開発プラットフォームである。BaaSのソリューションを提供しており、だれでも数分間でブロックチェーンを作成、管理することが可能であり、ユーザ自分のサイドチェーンをカスタマイズすることもできる。ブロックチェーン開発を行いたい企業は、より簡単且つ迅速にプラットフォーム上でアプリケーションを開発、試験、配置することができる。


30. Verge / XVG

——ビットコイン技術に基づいた匿名性の暗号通貨

Verge はビットコイン技術に基づいた、開示的な取引と匿名取引を両立できる暗号通貨である。ユーザのプライバシーを保護するために設計されており、マルチ匿名のネットワーク(例: TOR、i2P)を用いて、ユーザのプライバシーを保護し、迅速に取引することが可能である。平均の取引時間が5 秒間に短縮されたので、大規模に採用し易い。また、5種類の違うアルゴリズムでマイニングできるようになって、採掘者に公平の暗号通貨の割り当て方式を提供している。


31. シアコイン/ Siacoin / SC

——ブロックチェーンに基づいた分散型のクラウドストレージプラットフォーム                                    Siaはブロックチェーンに基づいた分散型のクラウドストレージプラットフォームである。コーディング技術、暗号技術とブロックチェーンを通して、Sia ネットワークにおけるノード間が中央集権のストレージ提供者から空間を借りるのではなく、お互いにストレージ空間を借りるようになっている。従来の伝統的なクラウドストレージ機能の他に、セキュリティの問題も解決できるようになっている。Sia はファイルを分割、暗号化したあと、契約に形成して分散式ネットワークストレージに送る。ファイルを格納するメインマシンが格納したファイルを閲覧する事はできない。ユーザは、秘密鍵にてデータを管理する。メインマシンは、証明を提供することで報酬がもらえる。Sia は伝統的なクラウドストレージプラットフォームよりもっと早く、安く、安全である。システムの大部分がダウンしても、ファイルは破損することはない。


32. ドージコイン/ Dogecoin / DOGE

——ネットワークの民衆に根差した第一世代暗号通貨のアルトコイン

Dogecoin (ドージコイン)は、ビットコインのソースコードをベースにし、ライトコイン Scryptアルゴリズムを採用して、柴犬を モチーフにした仮想通貨の一つである。2013年年末に公開されたており、最初、創始者Billy Markus がビットコインのおもしろ版として作られたが、価格が低いため、暗号化通货のコミュニティではチップの暗号通貨として流行してきた。ドージコインは現在、ビットコインに次ぐ2番目の仮想通貨である。取引承認時間が1分間となっており、素早いブロック生成間隔と発行総量でユーザの取引意欲を引き出そうとしている。


33. Status / SNT

——ブロックチェーンに基づいたオープンの通信プラットフォーム

Status は、オープンの通信プラットフォーム及びイーサリアムの分散型アプリケーションをサポートするモバイルブラウザである。Status はP2P技術に基づき、構築した初めてのイーサリアムのモバイルクライアントであり、 DApps開発者に柔軟なプラットフォームを提供すると同時に、最大限にイーサリアムのパブリックチェーンの使用効率を上げるようになった。Statusトークンはネットワーク上の機能的なネットワークトークンである。


34. アール チェーン / RChain / RHOC

——並行可能の分散型ブロックチェーン

Rchain(アールチェーン)は、オープンの商業ブロックチェーンソリューションである。Rchain 協同組織が形式検証、分散化、並行計算のモデルに基づき、並行可能、組み合わせ可能、無限に伸縮可能のブロックチェーンを開発しており、この技術プラットフォーム上で一連のソリューションを作ることができる。例えば、金融サービス、通貨コンテンツ伝送ネットワーク、市場管理ソリューション、DAOs 及び RChain 自身の分散型ソーシャルプラットフォーム。誰でも、Rchain でプライベートやコンソシアムのブロックチェーンネットワークを作成することが可能であり、且つこれらのネットワークは1秒間ごとに、40000以上のトランザクションを処理する能力を有している。 EOSと違うのは、Rchain のスループットはノードの増加によって無限に拡張されることである。


35. ビットシェアズ/ BitShares / BTS

——P2Pの多形のデジタルアセットの取引システム

BitShares (ビットシェアズ)はグラフェン技術に基づいた分散型のトランザクションシステムである。分散型のグローバル決済システム、分散型デジタル通貨取引所、分散型証券取引所システムを融合して、ビットシェアズネットワークにおいて多形のデジタルアセット(Polymorphic Digital Asset, PDA)の金融商品を作り、ゴールド、銀、ドル及び他の暗号の価値を追跡することが可能であり、所有者が利益を得たと同時に、取引相手からのリスクを避けることができる。


36. MakerDAO / MKR

——イーサリアム上の分散型自治組織とコントラクトシステム

MakerDAO は イーサリアム上の分散型自治組織である。担保資産として 使われるインフラストラクチャーであり、システムにおけるユーザに限られた担保を提供するようになっている。そして、保証金を受けて報酬とする。Dai(Dai Bond Coin)は、 MakerDAOにおける初めての商品であり、最小価値で求めた安定したデジタルアセットトーコンである。MakerDAOは、抵当と価格フィードバックメカニズムを用いて、1DAIの価格を1ドルと固定されている。MKRは、Makerシステム のユーティリティトークン、ガバナンストークンであり、Daiを借りる安定費用の支払やシステム管理に参与することに使われる。安定した取引であるDaiと 違って、 MKRは独自の供給メカニズム及びMakerDAO上の役割のため、その価格が全システムの変動につながっている。


37. ウェーブス/ Waves / WAVES

——イーサリアム上の分散型自治組織とコントラクトシステム

Waves(ウェーブス)は、高機能の分散型カスタマイズトーコンプラットフォームである。アセット、トーコンの発行、振替、取引をカスタマイズし、ユーザは利便性が高く安全で、ウェーブス上に、デジタルアセットを発行、格納、管理、取引、分析することができる。Wavesチームは、大規模的な市場応用、ユーザビリティを目標とし、ブロック技術の便利性と分散化のメリットをクラウドファンディング、証券取引、法定通貨振替分野へ応用することを目指している。リリースされた時、Wavesは高機能の分散型クラウドファンディングプラットフォームを提供しており、軽量の Chromeコンポーネントを提供するようになっている。完全ブロックチェーンの全ノードを実行すれば、単独のソフトウェアモジュールで、ユーザは中央集権化に近い取引、銀行的な体験ができる。ユーザは、ブラウザでワンクリックインストール と高機能の分散型の取引、 クラウドファンディングプラットフォームを体験できる。


38. Veritaseum / VERI

——スマートコントラクト

Veritaseum は、スマートコントラクトの一つである。P2Pの自主的な分散型ネットワークを用いて、資本市場をブローカー、銀行、取引所から離脱する。そして、クロスチェーンを実現しており、カスタマイズの配置をサポートしている。非専門職は第三者を介在することなく、スマートコントラクトを迅速に作成、配置、直接入力、管理することができる。


39. Aeternity / Æternity / AE

——スマートコントラクト下部階層プロトコルを改善した次世代のブロックチェーンネットワーク

Aeternity はベースチェーンであり、ビットコイン及びイーサリアムでの拡張性、プライバシー保護、取引速度などの欠点を解決するように取り組んでいる。ステートチャネルでは、実行も決済もオフチェーンで行われる。処理がメインチェーンと並行して行われ、契約条件の不一致といったトラブルが生じた場合だけ、aeternityのメインのブロックチェーンが裁判所のような機能をはたし、その問題を処理する。Aeternityは   ステートチャンセル、PoS+PoW のコンセンサス、分散型オラクルシステムという三つの特徴がある。AE は Aeternity のトークンであり、Aeternityネットワークに使われる記帳の単位である。


40. Augur / REP

——分散型未来予測市場プラットフォーム

Augur は、イーサリアム上の分散型未来予測市場プラットフォームである。ユーザは Augurを利用して自分の興味を持つテーマのために、予測市場を作成して、初期の流動性を提供することが可能である。普通のユーザは、自分の情報と判断によって Augurでイベントの株式を予測、売買することができる。イベントが発生後、もし、その予測が正しければ、1株が1ドルの報酬を得ることができる。1ドルから、当初の購入コストを引いたら、収益になる。


41. ウォルトンチェーン/ WaltonChain / WTC

——ブロックチェーンとIoTを融合した商業システム

WaltonChain はブロックチェーンの 技術とRFIDの技術を融合した商業システムである。WaltonChainは様々な物をインターネットに接続することで相互に制御する仕組みである loTに、ブロックチェーンの技術を取り入れた商業システムを作ろうとしている。基盤の商業エコパブリックチェーンを構築することで、小売商が自分の需要に応じて様々なサブチェーンを作成することは目的である。この商業エコシステムは、すべてのデータが信頼可能、追跡可能、完全なデータの共有、情報の透明化、タイムスタンプ付きという特徴を持っている。Walton チームは四つの段階的な計画を提出しており、基盤プラットフォームの構築から、段階的に小売り、物流に拡大され、最終的に生産メーカーの統合まで、深くカバーすることを図っている。


42. コモド/ Komodo / KMD

——匿名性やセキュリティが高い暗号通貨

Komodo (コモド)は、 ZCash(ゼロ知識証明)で 100% 匿名の取引を提供しており、ビットコインのハッシュレートによって匿名性やセキュリティが高い暗号通貨である。 Komodoチームが開発された新たなコンセンサスを用いて、仕事量による証明を延ばすことができる。Komodoブロックは、ビットコインブロックチェーンにて公証することができる。KMD は Equihash の PoW プロトコルに基づいて発表したものであり、新しいブロックの情報が予め投票しておいた公証人ノードに送られる。これらのノードがカスタマイズしたトランザクションを作成することで、 BTCブロックチェーンに Komodo ブロック情報を挿入する。


43. エイチキャッシュ/ HCash / (紅焼肉)/ Hshare / HSR

——ブロックチェーンとDAGシステムの2重サイドチェーン

Hshare (HSR)は Hcashが発行したトークンである。 このトークンは UTXOモデルの安定したブロックチェーンシステムに基づいて開発されたものである。 Hcashメインネットが本番稼働になった後、 Hcashと 1:1に交換することができる。Hcash (エイチキャッシュ)は、新しい基盤技術プラットフォームを作って、様々な異なるブロックチェーン技術を連結することを目指している。これによって、信頼された価値は異なるブロックチェーンシステムの中で自由に流通することが可能になる。


44. Decred / DCR

——コミュニティの「ガバナンス」問題を解決しようとするデジタル通貨

Decredは、コミュニティ入力、オープンガバナンス、持続可能な資金調達と開発に重点を置いた仮想通貨である。Decredは より安全で強固な通貨を作り出し、マイナーとユーザの バランスを図るためにハイブリッドコンセンサスシステムが採用されている。 ブロック チェーンでインフラを運営する役割を担うマイナーは一般的にはかなりの影響力を有し、 ユーザは高額の手数料を支払って通貨の送信をよりスピーディーに処理してもらえるようリクエストを出す利害関係に置かれるケースが少なくないが、Decredにおいては マイナーとユーザはほぼ対等の立場に立ち、高額な手数料を払うことなく参加することができる。これによって、分散型プロジェクトのハッシュレート独占現象とガバナンス問題を解決することができる。


45. ジー クラシック/ ZClassic / ZCL

—— 開発者への20%の手数料とスロースタートが削除された Zcashから分裂した通貨

ZClassic (ジー クラシック)は Zcash (ジーキャッシュ)から分裂した通貨である。Zcashは「ゼロ知識証明」を導入した、匿名性、透明性の新型の暗号デジタルアセットである。 EquiHash アルゴリズムと PoWの方式で 普通のPCに適合するマイニング方式を作ることが出来る。 ZClassic の操作は Zcashと基本的に同じであるが、Zcashの中の開発者への20%の手数料およびスロースタートを削除している。


46. 0x プロトコル/ 0xProject / 0x / ZRX

——ブロックチェーンに基づいた分散型取引所プロトコル

プロトコルEthereumの規格に沿ったトークンであり、P2P交換を容易にするオープンプロトコルである。イーサリアムベースの低摩擦交換を行うオープンで非レンタルのシークプロトコルである。0x(ゼロエックス)プロトコルは 交換 機能を持ったdApps(分散アプリケーション)間の相互運用の促進、 共通ブロックを作成できるようにすることが目的となっている。取引は、イーサリアムのコンセンサスに基づき、実行しており、公開的にアクセスと無償使用が可能である。どの DAppsでもアクセスすることができる。 0xプロトコル上に設置された DAppsは、公共の流動資金プールと自ら作成した資金プールにアクセスすることが可能であり、取引費用を受け取るようになっている。


47. クーコインシェアーズ/ KuCoin Shares / KCS 

——取引手数料を割引するトークン

KuCoin Shares(クーコインシェアーズ)は、ブロックチェーン資産の取引プラットフォームである。ユーザに安全で便利なブロックチェーン資産取引と交換サービスを提供することを目指している。KuCoin Sharesはクーコインシェアーズの取引プラットフォームから発行されたトークンであり、総発行量が 2 億に固定されている。クーコインシェアーズはブロックチェーンに基づき、発行された ERC20標準トークンである。


48. アーダ―/ Ardor / ARDR

——ネクスト 2.0システムのトークン

Ardor(アーダ―)は NXT(ネクスト)のアップグレード版である。古参のアルトコインNXTの後継として開発されたアーダ―は、すべてのサブチェーンとすべての取引を実行する BaaS プラットフォームである。ユーザは、メイン のNxtにサブチェーンを作成することで、 Nxt のブロックチェーン技術を共有できる。 Nxtの安定性と高機能を継承したほか、アーダ―の革新は主に三つの方面に表している。台帳データを切り取り可能、親チェーン—サブチェーン構造、サブチェーンプラグアンドプレイ。アーダ―は、 100% の PoSであるため、採掘者が要らない。且つ、新しいコインが作成されることもない。


49. U.CASH / UCASH

——小売サービスプロバイダーのP2Pネットワーク

U.CASH は小売サービスプロバイダー(変換機)のP2Pネットワークである。U.CASHの目的は仮想通貨(デジタル通貨)と現金(現実通貨)との交換を容易に行うことで、新しい金融ネットワークを構築して、銀行のようなサービスや国を越えて簡単に利用できるようにすることである。世界の誰もが銀行を通さずに銀行のようなサービスにアクセスできることを目指している。U.CASHの「U」は「ユニバーサル」の略で、U.CASHはつまり、「Universal Cash」ということである。UCASHは、分散された形で効率的なP2Pを促進するように使われる。また、ネットワーク燃料として、すべての種類の金融サービスへ費用を支払う。U.CASHは自分のネットワークで構築しており、より強いスマートコントラクトと良い安い取引機能を有している。


50. Ark / ARK

——暗号通貨が大規模に応用されるエコシステム

Ark は、大規模に応用されるセキュリティプラットフォームである。Arkはユーザ、開発者、創業会社にブロックチェーン技術とサービスを提供する。高度的な、柔軟性、適用性、拡張性を有する完全なブロックチェーンエコシステムを構築することを目標とする。