コインテレグラフによると、監査およびコンサルティング会社デロイトは、50 個以上の潜在的なブロック チェーン使用例を分析し、新興技術の「潜在的な影響」が「巨大」と新しいレポートを発表した。レポートによるとブロック ・ チェーンは「金融、製造業、消費財産業にわたる標準的な運用技術」になる、企業がブロック ・ チェーン可能性を把握し始めるとともに、今後の 5 年間「転換点」となるという。 レポートでは企業は、戦略的目標はブロック チェーン投資を助長できるかを評価すべき、ブロック ・ チェーンの可能性を考慮していない企業は「後れるリスクに直面する」と強調された。