2、Tokenと株式の関係:

 (1)Tokenと株式は必然的な関連がない、Tokenは所有者が会社に対する権益を代表することが出来るかどうかはトークンプロジェクト発行会社により決められる。しかし今まで、Tokenは依然として世界範囲内で自由に(あらゆる時、あらゆる量)移転することができ、しかもTokenが移転者の条件、流通範囲、披露が必要な内容などを完全に制限するプロジェクトがない、なので、実際は証券とやはり大きな区別がある。

 (2)ブロックチェーン経済では益々多くの経済活動が大手企業、政府から釈放され、中小企業、個人が市場とビジネス環境の中でスマート契約により交渉して完成される。このような将来経済の形態で、本文は、企業にとって、生態権益をガイドとするより会社権益をガイドにするようにもっと会社の利益に符合する。言い方を変えると、生態価値を代表するTokenは株式を生存スペースを極めて圧縮することになる。説明すべきなのは、技術レベルでは、株式の記録と移転もブロックチェーン技術を採用して完成する可能性がある。

付記、Tokenの数種類の訳し方の分析

 Wikipediaの釈義に基づけば、経済価値の角度からTokenを見れば、第一類の意義はお金の変わりに使える金属或いはプラスチックの小さなチップ、即ち「通貨に代わるコイン」、例えばカジノで使うチップ。第二類の意義は準通貨である、即ちコインと紙幣以外のトークンパッチ、臨時通貨など;第三種類は商品或いはサービスを両替できる代金券とギフトカード。もう一つの方面は情報技術の角度からTokenを見ることであり、某計算資源が操作できる対象(Object、コンピュータ術語)を指す。

 Tokenが現在主要な訳し方は、コイン、トークン、通証などがある。まず我々はTokenを通貨として視する傾向を慎まないといけない。一つの原因は、通貨は一般等価物として法律性があり、無条件で一国の中で使用でき、通貨の完全な機能(価値尺度、取引媒介、価値貯蔵)がある。Tokenは無条件で使用する機能と価値尺度機能がなく、ロジック上に通過の全部の機能がない。もう一つの原因は「通貨」が人に与える先入観はTokenが金銭を代表していることであり、Tokenの意義範囲を極めて制限し、Tokenが全てのオンライン資産取引の単位として、全てのオンライン資産に対する請求権が代表できることを見落とされやすい。

 通証のフルネームは流通可能な権益証明証憑であり、現時点で最も精確で、人々に認められている翻訳であるが、領域外の人はあまり熟知していない。トークン(代幣)は、字面の意義から言えば、「代」は某資産或いは資源に対する請求権証憑を指し;「幣」は流通可能のことを指す。例えば我々が日常生活中のゲームコイン、一つはゲーム施設が使用できる証憑だと言える;二つ目はゲームコインが他人と交換できる。なので、トークンの訳し方は実際通証と同義であり、混用することができる。