DEXはまだまだ長い道を歩まないといけない

 脱中心化モードは人気がある中心化モードよりもっと優れているが、それが現在の運行方式はまだまだ完璧ではない。EtherDeltaが去年の12月に教えてくれたように、取引プラットフォームのドメインサーバーを通じれば、依然としてネットワークワナの攻撃が受ける可能性がある。しかし、我々がここで討論したように、交換プラットフォームが固有する安全特性はこの損失を最小化にすることができる。偽のウェブサイトを使用したとしても、Meta Mask或いはLedgerを使って資金管理を行っているアカウントは完全に安全である。詐欺性ドメイン名でプライバシーキーを暴露していない限り、それらのスマート契約にある通過は安全である。現在の為替レートで計算して、50万ドル以上の資金が盗まれている、この数字は幸いだと言っているわけではないが、中心化プラットフォームで盗まれたよりは遥かに少ないのである。

 続いてはDEXの欠点を語ろう、中心化の取引プラットフォームがもっと人気がある原因は、それらはもっと使用に便利である。新人は取引開始時に対応しないといけないスマート契約の迷宮の原因で阻喪感があるかもしれない。当然、DEXを使用するのに登録と検証の必要がないのだが、毎回取引しようとする時に、必ず資金を個人ウォレットから往復で取引プラットフォームのウォレットに移転しないといけない。資金の移転或いは取引を行おうとするたびに、エテリアムネットワークにコントロールされる。ネットワークが渋滞している時に、場合によってもっと高い取引費用に直面する、最悪の場合は、麻痺して全く反応がない取引システムに遭遇する可能性がある。

 現在はこれらの問題を改善しようとしてるプロジェクトがある。例えば、Oxはオンライン取引システムと結合した非完全チェーン式予約注文システムを実施している。理論的に言えば、これはDEXに中心化取引プラットフォームの快速オーダーペアリングシステムを与えることができ、しかもその安全性を犠牲にしなくてもよい。もう一社のDEX、Blocknetは原始交換への交叉リンクを通じて脱中心化取引を簡単化にして、同時にそれをもっと安全にしようと試みている。

 脱中心化の取引プラットフォームは暗号化通過取引の将来だと信じている。それが生態システムの財務状況と将来の生存にとって必需である。2018年にこの不完全な体系に一連の革新を齎し、これらの革新によって現行の中心化基準が齎す損失を補うようにサポートできると期待している。