【基本概念】

 EOSは一つのブロックチェーンオペレーションシステムであり、データベース、アカウント許可、調達、認証とインターネットアプリケーション通信を提供し、知能化ビジネス開発の効率を極めて大きく高めた。EOSは平行演算を使用して、ブロックチェーンを百万のユーザーと一秒に百万回の取引まで拡張することを可能にした。それによって生成した技術はブロックチェーンの構造であり、一秒に百万回の取引を可能にして、ユーザーの費用を除去し、それから分散式アプリケーションの加速で簡単に配置できるように許可した。

【具体的な紹介】

1、EOSのDPOSコンセンサスアルゴリズムとグラフェンベースツールグループは万単位、ひいては百万単位の取引請求の企業級応用の需要に満足できる。この能力は今までのブロックチェーンアプリケーション、例えばビットコインとエテリアムを完全に抜いた。それによって、その中心化の副本でDAPPを構築することも可能になった。

 2、EOSは公共チェーンではなく、一つのブロックチェーン基礎フレームである、開発者はEOSフレームで自由に自分の公共チェーンを構築することができる。

 3、EOSでの振込取引とスマート契約の運行にはEOSシステムトークンを消耗する必要がない。EOSシステムの中に、アプリケーションに消耗される三種類の資源がある:帯域幅と日誌ストア(ハードディスク)、計算と計算バックログ(CPU)、及び状態メモリ(RAM)。これらの資源はアカウントにあるEOSの数量に基づいて分配され、これはEOSシステムトークンの価値由来でもある。

 4、EOSは初めて自分の憲法(constitution)を有するブロックチェーンである。EOSが設立した制約性契約(EOS「憲法」と呼ばれる)はコードだけを頼っては完全に執行できないユーザー間の義務を定義し、ソースコードプロトコルの人類可読性意図も定義した。システムエラーが現れた時に、人類可読性意図はこのエラーが確かにBugであるかどうかを識別するのに使用でき、コミュニティの修復措置が適切であるかどうかを判断することができる。システムが抜け穴に直面している時に、ブロック生産者は制約性契約の変更が加速できる。

 5、EOSが設置したエテリアムバーチャルミシン(EVM)は、現時点でエテリアムが運行しているスマート契約にサポートできる。今エテリアム二存在するブロックチェーンアプリケーションに少量のアダプタを添加すれば、EOSシステムで運行できるようになる。

【トークン】

 EOSにeosというトークンがある、それの運行原理はsteemと同様である。他のシステムと違うのは、それが無料であり、消耗されることがない。もしあなたはネットワークの1%を所有していれば、1%の計算力、1%の帯域幅、1%ネットワークストアを所有することになる。あなたはそれを他人にレンタルする或いは自分のAPPに使用することができる。もしあなたは自分のAPPの使用を支える充分のEOSを募集したなら、費用を支払わないといけない心配がない、その理由は、それは「レンタル」モードではなく、「所有」モードである。ネットワーク帯域は一つの自由市場生態システムを通じて分配されることができる。ブロックの生産は投票でコントロールされ、伝統的なposメカニズムと同様である。Eosの供給は三種類のスマート契約に分配され、これらは投票で決められる。余分の供給が廃棄され、スマート契約の中でそれらをロックすればよい、そうすることでそれらは使用される(インフレ消去)或いは脱中心化のガバナンス(例えばsteem)、若しくは中心化のガバナンス(例えばエテリアム基金、eos基金)に使用されるのを防ぐことができる。