逮捕されないとしても、誰が罰金に直面するのか?

 様々な人にその可能性がある、トークンの考えを提出した人からトークンを販売して資金を獲得した人、及びトークンの営業活動を行った中間者。アメリカ証券取引委員会が去年脱中心化自治組織(DAO)の裁決を反対するように裁決した時に規定したように、グループ或いは組織のメンバーが処罰の必要条件だというわけではない。このような情況では、監督管理機構はDAO「企画者」がDAO資金の使用を審査するべきであり、ドイツのSlock.it社及びその共同創始者がDAOのような登録されていない証券に対する販売行為に責任を取るべきだと発見した。Vitalik Buterinとその他のエテリアム創始者はDAOの管理側である。アメリカ証券取引委員会はこのケースではあらゆる告訴も提訴しなかったが、「脱中心化機構」は証券の発行を担当する組織として存在すればよいとアドバイスした。

 それからは公民身分問題と発行機構本部の問題である。カルドソ法学院のライトは、アメリカ人がアメリカ証券取引委員会に処罰されるかもしれないが、他の人も免除できない(例えばButerinはカナダ人である)と述べた。Coinbase取締役を務めている元連邦検査官のKathryn Haun はQuartz の取材を受けた時に、アメリカ証券監督管理委員会はアメリカ以外のケースを処理する可能性が低いが、これらのケースは連邦調査局とアメリカ司法部などの機構が触れられる範囲に属すると明らかにした。もしアメリカ証券監督管理委員会はこれが刑事事件だと認識すれば、FBIとアメリカ司法部がこれらのケースを引き継ぐことができる。

 アメリカ証券取引委員会の現任主席であるジェイクライトンはアメリカ参議院で公開演説を行った時に、彼の目標がICOs活動を促進する「番人」であると示した。ライトは、クライトンがICOにおいて弁護士が必ず役割を果たさないといけないとずっと呼びかけていたのは「前代未聞」だと述べた。HaunはQuartzに、彼女はこれらの警告が「役に立たない」と思っていない、これは監督管理機構が将来の行動を表明しているかもしれないと告げた。

私はトークンの発売中にトークンを購入したが、逮捕されるのか?

 トークンをある程度購入した一般投資者には問題がないかもしれない。だがイギリスシンクタンクのアダムスミス研究所(Adam SmithInstitute)の研究者であるプレストンバーエン(Preston Byrne)は、他人にトークンを売り込んだ投資者には問題があるかもしれないと述べた。「トークンのバイヤーは無辜の被害者であるかもしれないが、長期的に購入している人は共謀者だと言われてもおかしくない。この全てがトークン発売の構造、個人が販売に参与した具合及び事件審査の管轄範囲に取り決められるので、直接の答えがない」と彼が示した。

 アメリカ証券取引委員会は今までトークン販売領域の行動に対してずっと秘密にしている。以下は我々が取得している情報である:報道によると、80社以上の会社がトークン販売の調査に関連しており、法律執行機関の責任者はすでに「数十項目の調査が進行中」だと確認した。これは該当機構が「事実を収集するために努力している」証拠であるとライトが述べた。調査段階が終えると何が発生するのか?について、ライトは、一つ或いはいくつかの会社が該当業界の「代表性判決例」として処罰されるかもしれないとの意見を示した。その他の機構も自分の管轄範囲の中で調査を行う可能性があるが、もし刑事事件に関連すると、12ヶ月以上掛かると予測されるとHaunがこう話した。

あれらの基準に符合している「SAFT」トークンの販売状況がどうなるのか?

 SAFT或いは「将来トークンの簡単契約」はトークン販売を法律の管轄に移行することを主旨とする法律メカニズムである。だが誰でもそれを信じているわけではない、その内証券取引委員会も含まれるかもしれない。該当SAFTはMarcoSantoriにより提出された、彼はその後ニューヨークのクリ弁護士事務所で弁護士を務め、現在はウォレットサプライヤーBlockchain.infoの主席である。該当メカニズムは去年初めて重要プロジェクトFilecoinのトークン販売にしようされ、該当プロジェクトが2.57億ドルも募集し、同期間での融資がもっと多かったのである。

 SAFTはすぐその後に次ぎ、多くの重要なトークン製品もこのメカニズムを採用した、彼らはそうすることでトークンの販売行為がアメリカ証券監督管理委員会の法律要求に符合すると信じている。ライトは該当オードの著名な批判者の一人である。SAFTが提出したその内一種のメカニズムはトークンを承認された投資者に交付し、或いは公衆に発売する前に、開発者は某機能を備えたソフトウェアを開発しないといけないことである。SAFTの要求に基づくと、これはトークンを証券ではなく、「機能性トークン」に変える。

 しかしライトは、これによってSAFTの要求に符合するトークン発行側が窮地から脱出することがないと認識している。彼は、「トークンを投資機会としてその他の投資者に販売し、何らかの方式で商品として転化させる(ソフトウェアをプログラミングする時に)ことができる」と述べた。しかし、法律はそうとは思わない。「もし一つの組織から物を購入して、しかもこの組織から利益が獲得したい場合、アメリカでは、これは証券として死される。アメリカの法律に基づくと、トークンの機能或いはトークン販売のタイミングが非常に重要だという考え方は優先権がない。」

 主要なリスク投資会社、例えばUnionSquare VenturesとAndreessen HorowitzはすでにSAFTモードを使用してFilecoinとその他のトークンを購入した。「ニューヨークタイムズ」の報道によると、彼らは主要の弁護士事務所と一緒に努力してアメリカの立法者からこれらのトークンを購入する「安全ハーバー」を求めようとした。ライスはリスク投資会社が「最悪の法律アドバイスを受けた」と話した。

他の暗号化通貨はどうなるのか?

 当局は如何に圧力を施すのかが、まだ分からない。極端の情況では、ビットコインの発明者さえ人々に知られず、しかもビットコインの発行によって資金を獲得したこともなく、証券として視される可能性がある。「ビットコインは実質的な用途がない投機資産であり、中心化した開発チームとマイニング組織により維持されている」とライトが述べた、同時に彼はこのような情況は不可能だと認識していた。「これはアメリカ科学技術の発展にとっては、最悪である。」

 しかし、暗号化デジタル通貨療育では、SECの具体的な回答は現在の不確定性よりも人気がある(これはアメリカ証券監督管理委員会がデジタル通貨を監督管理の範囲に取り入れたと示した)。金融科学技術コンサルティング会社11:FSの共同創始者であるサイモンティラーは、アメリカ証券監督管理委員会が暗号化デジタル通貨に対して監督管理規定を定めることはそれが「合法性の標である」と述べた。「大手銀行は暗号化通貨取引サービスプラットフォームを展開している、その理由は監督管理が益々明確化になりつつあるためである。」

https://www.jinse.com/ts.jpg